名刺作成前に確認すべき5つのポイント

ビスタプリントでは、新しいデザインテンプレートを定期的に追加していますが、その一方で選択肢が増えると選択するのが難しくなることも理解しております。特に仕上がりのイメージがない場合、テンプレートが多すぎて選べないとなりがちです。名刺デザインのスタートポイントとして、“こういう名刺はイヤ”という考えがあると意外とスムーズに進みます。テンプレート選びで迷わないために、次のポイントを確認してみましょう。

1. 写真やロゴをアップロードしますか?

多くのお客様が名刺に会社ロゴをアップロードしています。すなわち、アップロード用の充分なスペースがあるデザインを選択しています。デザインを選ぶギャラリーページに進むと、ページ左側に「ロゴ・写真エリア」のフィルターがありますので、チェックを入れます。そうすると、写真/ロゴエリアのあるデザインだけが表示されます。

「スタートポイントとして、“こういう名刺はイヤ”という考えがあると意外とスムーズに進みます」

2. 会社・お店のイメージはどんなですか?

あなたの会社・お店を一言で表現すると何ですか?「エレガント」ですか、それとも「シンプル」か「カラフル」ですか?弊社デザイナーが新しいテンプレートを作成する際、特定の業種やデザインを念頭に置いてテーマを決める場合が多々あります。ギャラリーページ左側にある「スタイル・テーマ」から、キーワードを選んで検索することが可能です。チェックを入れるとすぐに画面が更新され、選択したキーワードに該当するデザインが表示されます。

3. どのように名刺を渡しますか?

意外かもしれませんが、名刺の渡し方はデザインに影響します。直接会って手渡しですか?それとも、掲示板などに貼りますか、または商品や請求書に添えて送付しますか?渡し方が分かると、画像をアップロードするか、何色にすべきかを決めやすくなります。例えば、商品や請求書に添えて送付する場合、実際に会っていませんので、顔写真をアップロードすると親近感をプラスできます。

4. 名刺に記載する情報で何を最も伝えたいか?

名刺は小さいですので、情報を詰め込み過ぎて読みにくくなっている例をよく目にします。こうならないよう、最も目立たせる情報を先に決定しましょう。当然ながら、名前が最も重要な要素ですから、フォントサイズを大きくし、他の情報は名前とのバランスを考えながら、位置やサイズを決定すると良いでしょう。

「最も目立たせる情報を先に決定しましょう。」

5. どのぐらい主張する名刺にしますか?

標準的なタイプとはちょっと違う名刺で、グッと引き付けたい場合もあります。そのような時は、厚盛り加工する文字DECOやデザインDECOを選択したり、両面光沢仕上げなど用紙オプションで差をつけたりできます。

関連トピック

名刺作成10つの鉄則

名刺は、新規顧客や提携候補先が最初に目にする販売アイテムと言えます。...
もっと読む

デザイナーと働くコツ5つ

デザイナーと一緒に作業すると、洗練されたウェブサイトを構築...
もっと読む