成功する展示会ガイド

新規客を引き込み、展示会、イベント、新規客を取り込む成功する出展方法とは

中小規模ビジネスにとって展示会は、その規模に関係なく、業務拡大で重要な役割を担っています。展示会は新規客に出会える場であると共に、業界のトレンドを見出したり、提携先を探ったり、その上、現在の市場情勢までも体感できる貴重な場と言えます。

Click here for the ultimate trade show checklist

Click here for the ultimate trade show checklist

展示会の準備

参加する展示会に合わせて、販促グッズを用意します。対企業向けのイベントなら、一般消費者向けよりも、提供する業務・サービスを詳細に提示する形式で作成します。例えば、ソフトウェアを扱うIT企業がB2Bイベントに出展するなら、自社製品の詳細なパンフレットや主力製品のチラシを一式ファイルにまとめて配布するの良いでしょう。一方、ペットサロンのオーナーが公園で実施される地域イベントに参加するなら、名刺やハガキなど一般消費者にアピールできるアイテムの方がお薦めです。

  • 事前に提携候補先にコンタクトを取るなどして商談を設定しましょう
  • 自社ウェブサイトやSNSなどで展示会を告知しましょう。ブース位置等の情報を掲載するのが効果的です
  • 商品やサービスのお試し無料クーポンなど、イベント来場者限定の特典を検討しましょう

イベント会場でのスムーズな運営のために、必要なものを全て入れた専用バッグを用意すると良いです。

展示会期間中

しっかり時間を確保して、イベントに向けてあなた自身とブースの準備を整えます。早めに就寝し充分な睡眠を取るようにしましょう。これは、心身を休めるためだけでなく、同時に時間に余裕をもって会場入りし、慌てることなくブースを準備できるプラス面があります。

  • グループでブースを運営する場合、作業チェックリストを作成し、それぞれの役割分担を明確にします
  • 来場者が自由に取れる場所に名刺を配置します。来場者から名刺を受け取った場合は、イベント後忘れずにフォローアップします
  • イベント開始前に、イベント会場をしっかりと把握しましょう。来場者から総合案内所やトイレを尋ねられた際に、即座に答えられると与える印象が違います
  • 携帯電話を持ち歩くのは控えましょう。携帯電話を持っていると、「忙しそう」、「話しかけにくい」といった印象を与えます
  • 時間を確保して、他の出展者を見学しましょう。特に競合相手のブースをチェックすれば、有益な情報が得られることでしょう

展示会で新規客との接点を創出できたなら、それを継続・発展させるために、自社を印象付けるものを配布します。例えば、 カスタマイズ作成したトートバッグやボールペンなどのオリジナル販促グッズを上手に活用すれば、覚えてもらえる可能性はグンと高まります。

販促グッズは充分な量を用意することが重要です。自社製品・サービスをより理解してもらえる機会を逃さず、フル活用しましょう。

展示会終了後

展示会で名刺交換した人には、イベント終了後時間を空けずにコンタクトを取りましょう。まずは、2日以内にEメールを出します。さらに印象付けるなら、Eメール後に一言添えたオリジナルハガキを送付するとベストです。

最も重要な点は、展示会を通して得られた成果を考察し、また次回のイベントに向け改善すべき点はないか振り返ることです。成功する展示会担当者とは、イベント毎に自分の手法を磨き、ブースを最大限活用できるよう新しいことを常に試す人なのです。

関連トピック

販促、集客、ビジネス成功ガイド

中小ビジネスの経営者でしたら、これからご紹介するコンセプトに共感…
もっと読む

地域密着マーケティング

多くの中小ビジネスにとって、新規客として地元住民をターゲットにする...
もっと読む