税理士の名刺を作る際のポイントとおすすめデザイン

初対面の相手に最初に渡す名刺によって、今後のビジネスの印象は左右されることがあります。 それだけに、名刺のデザインには細心の注意を払いたいところですが、ルールがなく自由度が高い分、迷ってしまうという方は多いでしょう。
特に、責任ある仕事である税理士は、名刺でも信頼感をアピールしなければなりません。 ここでは、税理士が法人や個人のクライアントに渡す名刺を作成する際に気を付けたいポイントや、おすすめのデザインをご紹介します。 ここで挙げるポイントに注意して、自分らしい名刺を作成する際の参考にしてください。

税理士の名刺デザインの考え方

税理士が名刺交換を行うおもな相手は、大企業や中小企業などの法人と、個人事業主や相続などに悩む個人になります。
大切なクライアントに渡す名刺は、自分自身だけでなく所属する税理士事務所のイメージにも影響を与えるものです。 場合によっては新しい問い合わせをもらえたり、見込み顧客を紹介してくれたりと、 こだわって作った名刺をきっかけに仕事が舞い込んでくることもあるでしょう。 ここでは、税理士の名刺を作成する際に押さえておきたいポイントをいくつかご紹介します。

メインとなるクライアントに合わせたデザインを

お金を扱う税理士はミスが絶対に許されない仕事です。 万が一ミスがあれば、脱税などの容疑でクライアントが逮捕されてしまう可能性があります。 それだけに、責任感は重大な仕事であることは明らかです。
そのため、名刺でも責任感や信頼感をアピールすることが重要になります。 青や紺色といった寒色系は、誠実で清潔感のあるイメージを与えられるため、 特に取り扱うお金の額が大きい法人相手の名刺におすすめの配色です。
一方、相続対策などの相談に来る個人がメインのクライアントである場合は、 人に寄り添う親しみやすさをアピールするのも手です。 オレンジやピンク、赤などの暖色系をベースにしたデザインは、 優しく温かみのある印象になるので、 クライアントの属性や相手に与えたい印象によって、うまく使い分けてください。

税理士の名刺に載せたい情報

名刺には、事務所名や名前、電話番号以外にも、さまざまな情報を記載することができます。
趣味や好きな物といったプロフィールを記載すれば、アイスブレイクとしての会話が盛り上がりますし、 相手の印象に残りやすくもなるでしょう。
また、税理士の場合は過去の所属事務所などの経歴を記載することで、信頼感を得ることにつながります。 財務業務や相続対策といった得意分野を名刺に明記すれば、そのジャンルでの問い合わせを引き寄せることができます。 ただし、すべての情報を表面に記載すると文字量が多くなり、 わかりにくくなってしまいます。表面は基本的な情報にとどめて、補足情報は裏面を有効活用するようにしましょう。

名刺に顔写真を入れることで信頼度を上げる

名刺に顔写真を入れることもおすすめです。顔写真があることで、 責任感の強さがアピールできるようになり、相手は人柄をイメージできるため、 仕事の依頼をしやすくなるという効果が見込めます。
似顔絵という手もありますが、よりオフィシャルなイメージがある写真のほうが、効果は高いと思われます。
また、ワンポイントとしてイラストを載せると、親しみやすく優しい印象の名刺になります。

ビスタプリントおすすめの税理士名刺デザイン4選

ここからは、ビスタプリントの「プレミアム名刺」がご用意している名刺デザインから、税理士の名刺におすすめのものを4つ紹介します。

1 清潔感のあるオーソドックスなデザイン

非常にオーソドックスなデザインの名刺です。下部にグラデーションのラインが入っており、 清潔感にあふれています。癖がない分、誰からも受け入れられるデザインです。
顔写真や税理士事務所のロゴを入れられるスペースを設けていますので、 有効活用すれば、印象的な名刺に仕上げることができます。誠実でしっかりとした印象を与えたい場合におすすめです。
デザインID:2293182

2 実直さをアピールできるデザイン

階段のようなモチーフが印象的な名刺です。一歩一歩、着実に業務を遂行してくれる印象を与えられるため、実直さをアピールできます。
使用されているブルーはダークトーンで、ベースの色は白ではなく黄なりとなっているので、品が良く高級感も感じさせられるデザインです。 特に、法人向けの名刺として好印象でしょう。
デザインID:1302581

3 余白を活用し印象付けられるデザイン

シンプル イズ ベストのデザインです。余白が広くとられているため、事務所名と名前に目が行きやすくなっています。
情報がしぼられているからこそ、相手の印象に残る名刺となるでしょう。 フォントによって名刺全体のイメージが変わりますので、さまざまなタイプを試して、自分らしい名刺に仕上げてください。
デザインID:3717015

4 遊び心に富んだデザイン

電卓をモチーフにした、遊び心のあるデザインです。 一目でお金に関わる仕事をしていることがわかるため印象に残りやすく、アイスブレイクでも名刺のデザインが話題になることは間違いありません。
少々砕けたデザインですので法人向けの名刺には向きませんが、 個人向けや気楽な交流会などで使う名刺として適しているでしょう。フランクなイメージを与えることができるため、相談しやすい人柄であることをアピールすることにもつながります。
デザインID:2311809

信頼感を重視して好印象な名刺に仕上げよう!

税理士は責任感を問われる仕事なので、信頼できる印象を与えるデザインに仕上げましょう。
名刺の裏面を活用して経歴や得意分野を記載することで、名刺が新しい仕事を呼んでくれる可能性もあります。全体のバランスに注意しながら、適切な情報を記入してください。
ビスタプリントの「プレミアム名刺」では、 5,000種類以上の名刺テンプレートをご用意しています。プレミアム名刺の業種「金融、保険、会計関連 」から税理士が使える名刺テンプレートを閲覧できますので、自分らしい一枚を見つけてみてはいかがでしょうか。

関連トピック

FP資格を名刺に記載する際の注意点

ファイナンシャルプランナーとしての強みをアピールできるFP技能士の肩書を名刺に記載する際は、 決められた記載方法があります。誤った表現をしてしまわないよう、正しい記載方法とルールを知っておきましょう。

もっと読む

営業のための名刺を作る際のポイントとおすすめデザイン

営業にとって、名刺は必須アイテムです。 また、フリーランスの場合でも、営業は必要不可欠な行為です。 営業のための名刺を作成する際に気を付けたいポイントと、おすすめの名刺デザインについてご紹介します。

もっと読む