販促、集客、ビジネス成功ガイド

中小規模ビジネスの経営者でしたら、これからご紹介するコンセプトに共感できる方は多いことでしょう。もちろん、次のジェフ・ベゾスやビル・ゲイツを夢見る方もいるでしょうが、ある調査によると、中小ビジネス経営者の大半はKISS(=Keep It Small & Successful小規模のまま成功し続ける)コンセプトに満足と言われています。

当然ながら、成功は成長に左右される訳ですから、中小ビジネス経営者が成長をまったく望んでいないことを意味するものではありません。しかし、次の質問をされた際にすぐに回答できるでしょうか?「あなたが望む成長はどの程度の規模?」「成長の種類は?」「成功に向けて何から着手しますか?」。そこで、会社のライフサイクルに拘わらず、ビジネスを成長させる際に役に立つヒントをご説明します。

1 - 中小企業の販促、集客はさまざまなアプローチで

ビジネスを成長させる確実な方法は、自社の商品・サービスで人々を惹きつけ、話題を作ることです。商品情報、セール告知、イベント開催など、話題を喚起する効果的な手法として、ポスターパンフレットハガキによる販促活動が挙げられます。まずは、ロゴとメッセージを記載して、ハガキ作成をスタートさせ、DMとして郵送したり、商品に同梱したりします。また、掲示板に貼ったり、自由に持ち帰るようにカウンターに設置したりしましょう。クーポン券などを添付すれば、持ち帰り率は高くなるでしょう。

ブランディングや認知浸透をお考えでしたら、販促アイテムをお揃いデザインで作成してはいかがでしょうか。一貫性のある見た目は、プロフェッショナルな印象を残します。

ポスターなら遠くからでも目に留まり、多くの人にアピールできます。店外に掲示すれば、通行人を店内に引き込む効果が期待でき、店内なら商品配置と連動させて効果的な位置に掲示するのがお薦めです。目立つフォントと高画質の写真でフル活用しましょう。

より詳細な情報を伝えるなら、パンフレットリーフレットフライヤーが最適です。写真と共に簡潔な文章で作成しましょう。また、スペースも充分あるアイテムですので、価格表、商品・サービス一覧、メニュー表など一目見て分かる図表を積極的に使用してみましょう。

起業後やビジネス立ち上げ直後は、自分でほぼ全ての業務をこなしていたことでしょう。しかしながら、黎明期が過ぎ、会社・お店が確立していくに伴い、いくつかの業務を手放す時期がやって来ます。スタッフの雇用となれば、確かにコストは掛かりますが、限られた時間内で自分一人がこなせる全仕事量を考えた場合、かなり大きなプラス効果が得られます。ビジネス成長に向け、そして現実的に売上を上げるためにすべき項目は、在庫のプランニング・整理・管理、新商品の発注・作成、店内ディスプレイ、ソーシャルネットワークや広告の管理と数えあげればきりがありません。

自ら実行していた業務を手放すのはなかなか難しいですが、他の人に権限を与えることは、上に立つものにとって重要な部分です。まずは、手身近なところから始めてみましょう。実際に手助けが欲しいエリアはどこか、仕事を頼める信頼の置ける人は誰かを考えます。品出し、床掃除、整理整頓などシンプルな業務かもしれません。また、メーリングリスト管理やホームページ運営、販促アイテム作成かもしれません。経営者として、会社・お店の日常業務には、責任が小さいものから大きいものまでピラミット状に存在することを理解しているはずです。小さいものから少しずつ任せていくことで、徐々に慣れていくはずです。

2 - コネクションや地域との繋がりを拡大しよう

コネクションやネットワーキングはすっかり定着したキーワードで、その理由は納得できます。ネットワークを喩えると、飛躍的に拡散するウェブサイトをばら撒くようなもので、顧客数増加、新規市場への参入、最善の運営の習得、最新トレンドの発見など成功ポテンシャルを一気に開花させる方法と言えます。

まずは、地域イベントに参加し、地元企業との交流からスタートしてみましょう。名刺チラシ販促品割引クーポンを手渡します。話しかけやすい雰囲気作りを心掛け、会社・お店のことはもちろん、自分に関する質問や会話にも積極的に対応すると良いでしょう。

相互に提供し合える商品・サービスを扱う同規模の会社・お店とタッグを組むのは一案です。イベントを共同開催すれば、お互いの名刺やクーポンを配布することができます。会社同士の協力体制は、まさにWin-Winの関係と言えます。

ネットワークを広げられる地元のイベント、セミナー、会合などを見つけみましょう。自社に関連性のあるものに出席すれば、アイディアのヒントが得られ、ビジネスパーソンとして成長できる良い機会になります。また、興味・関心、経験で共通性のある人と対話できるチャンスでもあります。その際には名刺を充分持っていくことをお忘れなく、最も基本的なネットワークツールです。

3 - 流行のソーシャルメディアを有効活用

ウェブサイトの運営が軌道にのったら、主要なソーシャルメディアのアカウントを作成し、同業他社がどのようなページでファンをどういった手法で集めているか観察してみましょう。口コミのマーケティング効果は計り知れないですから、黙って待っている暇はありません。既存客にソーシャルメディアへのコメント投稿を積極的にお願いすることも忘れず。また、投稿には好意的に返答し、質問や問い合わせには的確に回答することが大切です。

ソーシャルメディアは、会社・お店に関する口コミをインターネットで広めるには、費用対効果の高い方法ですが、アカウントを持つだけでは不十分です。お買い得情報や新商品などの投稿を週に数回行い、ユーザーの注目を常に引く工夫が必要になります。

4 - 将来の成長に向けた準備を

展示会などのイベントで、入念に準備されたブースで来場者を多数集める企業を目にしたことはありませんか?あらゆる種類の販促アイテムが用意され、まさに完璧に揃った設定です。このような企業を見ると、自分が参加するには時期尚早と感じることでしょう。しかしながら、この種のイベントへの参加を検討する時期が必ず訪れるものです。

展示会など大規模なイベントは、ターゲット層に自社の商品・サービスを披露できる絶好の機会です。しかも、イベント参加は多額の費用が掛かる訳でもありません。テーブル、ロゴ入りポスター、キャッチーなコピーが揃えば、ブースを設営することは可能です。その他に、会社・お店を詳述するパンフレットと販促グッズが揃えば、準備万端です。

ハガキ、フライヤー、パンフレット、そして、もちろん名刺も、費用を掛けずして効果的に宣伝できる販促アイテムです。このようなアイテムを活用すれば、手軽に楽しくトップオブマインドを目指すことができます。そして、ビスタプリントなら、リーズナブルな価格で、しかも、常に小ロットでこのようなアイテムを作成・ご注文いただけます。

5 - 小さなステップをコツコツと

目指すべきビジネス規模と関係なく、成功には成長の継続が不可欠です。まず第一歩を踏み出せば、次が簡単になります。あなたにとって意味ある領域から開始してみましょう。ネットワーク作り、スタッフ採用、ビジネス拡大を恐れる必要はありません。ただし、全てが一日で実現する訳ではありませんので、実行可能なことから一つひとつ積み重ねていきましょう。その先にあなたのビジネスの成功が待っています!

関連トピック

販促計画の作成方法

販促計画を作る際に押さえておきたいポイント
もっと読む

成功する展示会ガイド

展示会は新規客に出会える場であると共に、業界のトレンドを見出したり...
もっと読む