起業してからPRに必要なもの

起業後、たとえすばらしい商品やサービスを提供していたとしても、きちんとターゲットとなる顧客に届かなければ意味がありません。 そのため、いかに効果的なPRができるかどうかが、ビジネス成功のカギといえます。
そこで、起業したばかりの人に活用をおすすめしたい、PRのお役立ちツールについてまとめました。

起業後のPR活動が重要な理由

起業前後は、起業に伴う手続きに忙殺されてしまい、なかなか営業活動に時間が割けない場合もあるでしょう。 また、より良いサービス・製品を生み出すためにはどうしたらいいかといったことに時間を使うという人もいるかもしれません。
しかし、起業する前や起業直後に本当に力を入れるべきなのは、どのようなPR戦略で自社を広く認知してもらうかということなのです。
優れたサービスや商品を提供し続ければ、いつかは世間に認められ、爆発的な人気を博すということもあるかもしれません。 しかし、そのタイミングが来るのを、ただひたすら待っているようでは、企業としての存続自体が危ぶまれます。 長く活動していくためには、まず、顧客をつかむためのPR活動を行い、ターゲット層に認知してもらうことが大切なのです。

PR活動で必要なツール

会社のPRをするために役立つツールについてご紹介します。
起業直後は、決めなければいけないことや事務手続きなどが多く、PR活動まで手が回らないということもあるかもしれませんが、 まず世間に存在を知らしめるためにも、必要なものを準備しておきましょう。

会社ロゴ

会社のロゴは、名刺やパンフレット、看板などにも印刷する「会社の顔」ともいえるものです。 社名を読まなくても「あ、あの会社だ!」とわかってもらえるような、魅力的なデザインのロゴを目指しましょう。
多くの印刷物で長期的に使うことになりますから、妥協せず理想に合ったロゴを作成することが大切です。

名刺

営業活動を行う上で、名刺は必要不可欠です。営業に来た相手が名刺も持っていないようでは、「怪しい会社ではないか」と思われてしまいます。
名刺は、一番手軽に作れて、多くの人に渡せる販促ツールです。デザインにもこだわって、自社の良さをアピールできる名刺を作りましょう。

ウェブサイト

起ち上げたばかりの企業にとって、ウェブサイトは企業の情報やサービス・商品などの詳細な情報を広く発信することができる、絶好の場となります。
また、ウェブサイトの内容を充実させることで、一定の信頼を獲得することもできるでしょう。

挨拶状

名刺やウェブサイトが、「新たな顧客獲得のためのPR手法」であるのに対し、挨拶状は「これまでに付き合いのある人に対するPR手法」です。 すでにつながりがある人たちは、起業直後の会社にとって非常に大切な存在です。
起業したことを伝えるとともに、今後の良好な関係維持を目指すためにも、きちんとした挨拶状を準備しておきましょう。

会社概要・営業資料

営業活動を行うにあたって、会社概要や営業資料がないようでは、「いったい何の会社でどんな商品やサービスをアピールしに来たのか」が曖昧になってしまいかねません。
名刺が一番簡単なPRツールだとすれば、会社概要や営業資料は、 そこからもう一歩先へ進むための取っ掛かりとなる物です。 ウェブサイトにアクセスしなくても、渡してすぐに確認してもらえる紙媒体のPRツールは、営業活動の成功率を上げるために用意しておきたい物のひとつです。

プレスリリース

プレスリリースは、マスコミに対して企業が発信する情報のことです。 新しく事業を始めたり、新たな商品・サービスを発表したりするタイミングで、FAXやメール、郵送、プレスリリース配信代行などのサービスを使って、 関係各所や報道機関にプレスリリースを打ちましょう。メディアを使って広く創業をアピールすることで、注目度を上げることができます。

アナログとデジタルの両方を使ってPRしましょう

インターネットの発達により、自社サイトやSNS、ウェブメディアなどを利用したPR活動が大きな効果を発揮するようになりました。 しかし、顔を合わせてPR活動を行う際には、やはり紙媒体の名刺や企業案内、営業資料などが力を発揮しますし、礼儀としての挨拶状の文化は根強く残っています。 ビスタプリントでは、名刺やはがき、パンフレット、チラシ、販促用ポスターなど、総合的な印刷物を手軽に作れるサービスをご用意しています。 5,000種類以上の豊富なテンプレートのある「プレミアム名刺」 を始め、パンフレットやはがきもサイト上からテンプレートを使って作成することが可能です。 販促ツールをまとめて手軽に作りたいという方は、ぜひご活用ください。

関連トピック

名刺にメモをするのはOK?デキる社会人は名刺にひと工夫

初対面の相手の印象を忘れないうちに…と、名刺にメモをする。あるいは、訪問先で先方が不在のとき、自分の名刺にひと言書き添えて置いてくる。 これは、マナー違反にならないのでしょうか。名刺にメモをしてもいいのか、シーン別に解説します。

もっと読む

縦型名刺と横型名刺、それぞれの特徴と選び方

名刺のデザインは千差万別ですが、縦型にするか、横型にするかという2つの選択肢があります。 以前は縦型名刺が主流でしたが、最近では横型名刺を見かけることが多くなりました。 それぞれの特徴をつかんだ上で、目的に合った名刺を作りましょう。

もっと読む