名刺にQRコードを載せるメリットと作成時の注意点

最近では、名刺にQRコードを記載するという人も少なくありません。QRコードを載せることで、名刺には記載しきれないさまざまな情報を相手に伝えることも可能となります。
ここでは、名刺にQRコードを載せるメリットや、QRコード入り名刺を作成する際の注意点についてご紹介します。
※QRコードは、株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

名刺のスペースでは載せられない情報を載せられる

名刺は、表面と裏面の限られたスペースに、会社や自分の仕事に関する情報を記載することになります。載せたい情報をすべて詰め込もうとすると、文字数が多くなって読みにくくなったり、名刺全体のデザイン性を損ねてしまったりします。
QRコードを活用すれば、名刺には載っていないけれど、補足したい情報を、サイトで伝えることが可能となり、すっきりとしたデザインにすることができます。

URLを打ち込む手間がなくなる

QRコードを名刺に載せることは、受け手にとってのメリットもあります。カメラアプリなどのリーダーを使ってQRコードを読み取ると、すぐに情報にアクセスすることができるのです。長いURLを入力する手間をなくして、見てほしい情報に相手を誘導しやすくなります。
また、QRコードからSNSのアカウントに飛べるようにしておくこともおすすめです。アカウント名やIDから検索してフォローしてもらうというひと手間を、なくすことができます。

QRコードを載せて効果のあるビジネス名刺

ビジネス用名刺にQRコードを載せると、特に効果的とされています。ビジネス名刺に用いるQRコードからは、自社のウェブサイトのURLやメルマガ登録フォームのURL、商材のランディングページのURLなどに飛べるようにしているケースが多く見られます。URLのような細かな文字情報を載せておくよりも、QRコードを用いてスマートフォンや携帯から読み取ってもらうほうが、手軽に情報を伝えることが可能となります。
名刺交換の際の挨拶や商談の場で伝えきれなかった情報については、「こちらのコードからぜひご確認ください」とひと言添えておくだけでも、アピールすることができるでしょう。単にURLを載せるよりも、QRコードを読み取るというアクションを加えることで、その後の交流やコミュニケーションのきっかけとなることも期待できます。
また、名刺ではありませんが、ショップカードにQRコードを載せて、店舗の情報発信ツールにしているケースも多くあります。店舗のウェブサイトやキャンペーンサイト、会員登録ページ、SNSアカウントなどに飛べるようにしておくことで、ショップカードを受け取った人は検索の手間が省けます。

QRコード作成時の注意点

名刺に載せるQRコードを作成する際は、読み取りトラブルのないように注意する必要があります。QRコード作成時の注意点について見ていきましょう。

読み取りトラブルを起こしやすいQRコードとは?

せっかくQRコードを作って記載しても、読み取りにくくては効果が得られず、相手に失礼になってしまうこともあります。読み取りトラブルを起こしやすいQRコードの特徴を3つ見ていきましょう。 ・セルが歪んでいる
セルとは、QRコードを構成する四角い白黒の正方形を指します。QRコードを名刺に載せる際に、画像加工ツールなどで拡大・縮小してしまうと、一つひとつのセルが歪んでしまうことがあります。セルの歪みは一見するとわかりにくいですが、セルの歪んだQRコードは読み取りにくい、または読み取り不可能となってしまうため注意しましょう。
・QRコードの周囲に文字やイラストがある
QRコードの周囲に文字やイラストなどを配置すると、余白を確保することができなくなってしまいます。余白のないQRコードも読み取りにくい、または読み取り不可能なものとなってしまいます。
・文字やイラストなどにQRコードが重なっている
文字やイラストなどの上にQRコードが重なると、明暗のコントラストが曖昧になってしまうので、読み取りにくい、または読み取り不可能なQRコードとなってしまうため注意が必要です。

きちんと読み取れるQRコードにするためのポイント

それでは、正確に読み取れるQRコードにするための3つのポイントを見ていきましょう。 ・解像度は300~350dpi
名刺にQRコードを記載する場合は、QRコードの画像解像度は300~350dpiにします。解像度が低いまま印刷すると粗い仕上がりとなり、読み取れないQRコードとなってしまうおそれがあります。
QRコードを作成する際、アプリなどから取得したQRコードの画像データの多くが、72dpiと低い解像度になっています。そのため、Photoshopなどの画像編集ソフトを使って、サイズと解像度を調整することを忘れないようにしましょう。
・QRコードがきちんと認識できるサイズで
QRコードは、スマートフォンや携帯電話のQRコードリーダーから読み込むことのできる、適切なサイズで作成します。サイズが小さすぎると、セルがつぶれて読み取れなくなってしまうため注意が必要です。
また、QRコードの周囲には、余白を持たせる必要があります。QRコード内のセルのサイズに対して、4セル以上の余白を持たせることが推奨されています。
・色の濃淡やコントラストにも注意
薄い色で印刷されているQRコードは、読み取れないことがあります。しっかりと読み取れる濃さで掲載しましょう。また、QRコードと背景色のコントラストが低くならないよう注意してください。

QRコードを作ったら必ずスマートフォンから読み取り確認を

会社の情報や自分の作品など、名刺に記載しきれないけれど伝えたい情報がある場合は、QRコードを活用してスマートな名刺デザインにしてみることをおすすめします。
しかし、せっかくQRコードを名刺に載せても、読み取れなければまったく意味はありません。ですので、QRコードを作成したときには、入稿前に必ずスマートフォンや携帯電話から読み取りの確認をすることも大切です。名刺用紙などの紙にプリントアウトしてから読み取るようにすることで、失敗を防ぐことができます。
ビスタプリントでは、簡単にQRコードを作成して、名刺に記載することができます。約5,000種以上の豊富なデザインテンプレートから好きなデザインを選べる「プレミアム名刺」や、文字部分に厚盛り加工を施せる「文字DECO名刺」を作る際は、QRコードを載せてみてはいかがでしょうか。

関連トピック

名刺の裏面を充実させるためのポイントとは?

フリーランスが新規顧客を獲得する場合は、みずからの営業スキルやコミュニケーションスキルが求められます。また、営業に必要となる自己分析やこれまでの実績の棚卸しなどを行ってから、適切な営業方法を実践することも大切です。

もっと読む

名刺にQRコードを載せるメリットと作成時の注意点

さまざまな人と出会うことができる名刺交換会は、新しい人脈形成やビジネスチャンスにもつなげることができます。

もっと読む