仕事につながる名刺にするポイントは?フリーランスの名刺の作り方

フリーランスにとって、名刺は重要な営業ツールのひとつです。新しい仕事につながる印象的な名刺にするためには、どのようなことを心掛けるべきなのでしょうか? ここでは、フリーランスの名刺に載せるべき情報や、印象的な名刺にするためのポイント、さらに自分で作る場合と業者に依頼する場合それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

フリーランスの名刺に載せる情報

まずは、フリーランスの名刺に記載する最低限の情報について見ていきましょう。 ・名前・屋号
名前や屋号は、ほかの情報よりも目立つよう、大きめのフォントで記載しましょう。小さくローマ字表記も加えることで、読み間違えもなくなり、より親切な名刺となります。 ・連絡先
電話番号やメールアドレスなどの連絡先は、必ず記載しましょう。初対面の相手に渡す名刺に住所を記載することに不安がある人は、住所を記載した名刺と記載していない名刺を別に用意して、渡す場や相手に応じて使い分けることもおすすめです。
また、最近は名刺にTwitterやFacebookなどのSNSアカウントを載せる人も多くいます。仕事用アカウントなどがあれば、連絡手段のひとつとして記載してもいいでしょう。

フリーランスが名刺を作る際のポイント

ここからは、より相手にいい印象を残しやすい、フリーランスの名刺作成のポイントを見ていきましょう。

名刺のサイズはスタンダードな大きさ

一般的な名刺のサイズは55mm×91mmの寸法で、関東では「東京4号」、関西では「大阪9号」と呼ばれるサイズです。名刺のサイズで個性を出そうとする人もいますが、できれば普通の名刺ファイルに入れやすい、スタンダードなサイズの名刺がおすすめです。
また、名刺には、二つ折りや三つ折りタイプの物もあります。これらには、一般的な名刺よりも多くの情報を記載することができます。名刺交換会用など、交換する場や用途に応じて使い分けてみてもいいでしょう。

自分の作品や実績を載せる

デザイナーやイラストレーター、カメラマンなどのクリエイター系のお仕事の場合、名刺に自分の作品を載せて実績をアピールすることができます。名刺に載せることが難しい場合は、作品や実績をまとめたウェブサイトのURLを記載することもおすすめです。

印象的なデザインにする

フリーランスの名刺は、デザインを自由にできるというメリットがあります。印象的なデザインにすることで、相手に好印象を与える名刺にすることができるでしょう。
・色使いやデザインにこだわってみる ・自分が運営するウェブサイトやブログとデザインのトーンを合わせる ・自分の顔写真や似顔絵を入れる
以上のような工夫をしてみることで、他の名刺とは一歩差をつける、おしゃれで印象的な名刺にすることができます。

プロフィールを載せる

名刺の裏面には、仕事関係以外のプロフィールを載せることもおすすめです。趣味や仕事以外に取り組んでいる活動のほか、座右の銘となるキャッチコピーや一言メッセージなどを記載しましょう。
何気ないプロフィールによって、名刺交換した相手との共通の趣味や話題を見つけられたり、相手に好印象を与えたりするきっかけになります。

名刺はどうやって作る?

名刺は、自分で作るか業者に依頼して作ってもらうかで、クオリティや費用、スピード面などに違いが出てきます。それぞれのメリット・デメリットを見ていきましょう。

自分で名刺を作る

名刺を自分で作る場合のメリット・デメリットをまとめました。 <自分で名刺を作る場合のメリット>
・リーズナブルに作れる
名刺を自作する場合、プリンターを持っていれば、インク代と印刷する用紙代以外に費用がかかりません。 ・すぐに作れる
自作の名刺はすぐに印刷することができるので、業者に依頼する時間の余裕がなかったり、突然名刺が必要になったりしたときでも用意できるというメリットがあります。翌日発送に対応している業者もありますが、その分料金も割高になってしまいます。 ・デザインの自由度が高い
デザインにこだわることができるというのも、自作名刺ならではのメリットです。WordやIllustratorなどのスキルに自信があれば、デザインやレイアウトにこだわった、オリジナルの名刺にすることができます。 <自分で名刺を作る場合のデメリット>
・手間がかかる
白紙の状態から自分でデザインを起こさなくてはならないという点に、手間を感じてしまう人もいると思います。フリーテンプレートを利用したとしても、項目の編集や印刷はすべて自分で行うため、それなりに時間がかかってしまいます。 ・品質は業者よりも低くなりがち
自作の名刺は、品質面では業者が作る物よりも低くなってしまうというデメリットがあります。自宅のプリンターでは、印刷の品質にも限界があります。また、市販の用紙に印刷するため、紙質も業者の物より劣ります。 業者に依頼する
続いて、名刺を業者に依頼して作る場合のメリット・デメリットをご紹介します。 <業者に名刺を依頼する場合のメリット>
・手間がかからない
業者に依頼するとなると、好みのデザインやテンプレートを選び、記載したい項目を決めるだけで済みます。名刺を自分で作るよりも、手間や時間は大幅に削減することが可能です。 ・高品質
業者は、名刺のデザインや紙質のバリエーションも豊富です。印刷の精度も自宅のプリンターより高く、クオリティの高い名刺にすることができます。より個性的な名刺にするための、特殊加工に対応している業者もあります。 <業者に名刺を依頼する場合のデメリット>
・自分で作るよりも費用がかかる
自作の名刺に比べると、業者に依頼する場合はやはり費用がかかります。さらに、紙質を良くしたり特殊加工などのオプションを追加したり、翌日発送にしたりすると、さらに料金が上がります。 ・届くまでに時間がかかる
自作の名刺はすぐに印刷をすることができますが、業者依頼の場合は通常5~7日程度、手元に届くまで時間がかかります。早くて翌日発送、午前中に注文すれば即日発送可能という業者もありますが、その場合は料金も割高となります。

フリーランスならではのオリジナリティのある名刺づくりを

フリーランスの場合、自分の情報や実績がきちんとわかる名刺があることで、名刺交換の場でも自信が持て、新しい仕事や人脈形成に役立ちます。記載する情報やデザインにも配慮して、こだわりの名刺を用意しておくことをおすすめします。 フリーランスの名刺を作る際は、約5,000種以上のデザインテンプレートがあり、レイアウトも簡単なビスタプリントのプレミアム名刺をご利用ください。

関連トピック

税理士が独立・開業するために必要なこと

税理士が独立・開業した場合、どのようなメリットがあるのでしょうか?また、かかる費用や独立・開業に関する手続きなど、必要な準備についても事前に確認しておいたほうがいいでしょう。

もっと読む

FPとして独立するために必要なこと

独立しているファイナンシャルプランナー(独立系FP)の仕事内容は、企業系FPとどのような違いがあるのでしょうか。

もっと読む