フリーエンジニアとして独立するために必要なこと

フリーエンジニアに求められることや、フリーになるためにやらなくてはならないことには、どのようなことがあるのでしょうか。 独立してさらなる飛躍をするために必要なことをまとめました。

フリーエンジニアとして独立するために必要なこと

フリーエンジニアとして活躍したい! しかし、独立して仕事をするイメージはできても、そこに至るまでに、何をしたらいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。
フリーエンジニアに求められることや、フリーになるためにやらなくてはならないことには、どのようなことがあるのでしょうか。 独立してさらなる飛躍をするために必要なことをまとめました。

フリーエンジニアとして求められるスキル

エンジニアとして独立するためには、どのようなスキルが求められるのでしょうか。
フリーランスとして仕事する上で必要とされることも、併せてご紹介します。

1 エンジニアとしての技術力

フリーエンジニアには、プログラミングスキルや、ITに関する豊富な知識などが求められます。 さらに、移り変わりの激しいこの業界において、日々、案件を受注しながら新しいスキルを習得していく力が必要とされます。
常に市場の動向を見ながら、新しい流れに敏感に反応しながら、 新たなプログラミングスキルを身に付けていくことが、フリーエンジニアには求められるでしょう。

2 コミュニケーション能力

チームで行う開発案件においては、チーム内での情報共有や緊急時の連携など、メンバー同士での円滑なコミュニケーションが不可欠です。 いくら技術力が高くても、コミュニケーションが苦手となると、チームで取り組む案件の受注は難しくなるかもしれません。
また、フリーランスになると、営業も自分で行わなければなりません。 新たな仕事を広げていくためにも、コミュニケーション能力は重要なスキルとなります。

3 自己管理能力

フリーランスには時間の自由はありますが、だらだらと時間をかけていては確実な成果は得られません。 自分を律して自己管理できる能力と、安定して仕事を続けられるモチベーションを保つ力が必要です。 感情に支配されず、仕事の進め方のしくみを構築するといいでしょう。
そして、途切れることなく仕事をし続けるためには、健康に気を付けることも大切です。 規則正しい生活を心掛け、定期的な健康診断も忘れずに受けることも自己管理のひとつです。

4 会計・法律の知識

フリーランスになると、案件の契約、確定申告など、お金に関することもすべて自分で管理しなければなりません。 また、契約上の行き違いによるトラブルが発生することなども考えられます。
仕事を進めていく上で、納得いかないことが起きたり不利な状態に追い込まれたりすることを防ぐためにも、 会計や法律の知識も身に付けておくといいでしょう。

フリーエンジニアのメリット

フリーエンジニアとして働くメリットには、大きく分けて次の3つがあります。

1 年収が上がる可能性がある

会社員のときと違い、仕事をした分だけ収入を得られます。そのため、高いスキルと営業力を持っていれば、年収がアップする可能性があります。

2 自分の考えで案件を選ぶことができる

会社に所属していると、会社の都合で自分の意にそぐわない仕事もやらなければなりませんが、フリーランスであれば、自分の条件や経験、スキルに合った案件を選ぶことができます。
たとえ報酬が低くても、自分のスキルアップに有益なプロジェクトを選ぶこともできます。

3 働く場所、時間を自由に選べる

案件によっては、在宅やカフェで仕事ができることもありますし、早朝や深夜など自分の集中できる時間を選んで仕事をすることも可能です。
子育て中の女性や介護中の方であっても、時間を融通して、無理なく仕事を続けることもできるでしょう。

フリーエンジニアのデメリット

フリーエンジニアになることで発生するデメリットは次の2つが挙げられます。

1 収入が不安定

会社に所属しているときとは違い、基本給がないため、収入が不安定になります。 仕事の受注がない場合や病気やケガで仕事ができないときは無収入になることも考えられます。
普段から、生活にかかる出費を把握し、万が一のために貯蓄をしておくといいでしょう。 リスク分散のため、複数の受注先の確保も必要かもしれません。

2 営業や税務といった業務を自分でやらなくてはならない

これまで会社でしてくれていた営業や契約、確定申告といった業務を、自分一人でやらなくてはなりません。フリーランスになるということは、好きな開発の仕事だけに専念できるということではないのです。

フリーエンジニアとして独立したらやらなくてはならないこと

独立してフリーエンジニアとなってからも、やらなくてはならないことはたくさんあります。事務的なことから仕事につながることまでまとめました。

1 開業届と青色申告承認申請書を税務署に提出

個人事業主として仕事を行う際には、税務署に「開業届」を提出します。
個人事業主になることで、下記のようなメリットがあります。

・「青色申告承認申請書」を提出すれば、確定申告で税制優遇を受けられる青色申告ができる
・屋号名で銀行口座を開設できる
・小規模企業共済に加盟できる

2 国民年金・健康保険の手続きをする

会社を退職後は、国民年金に加入しなければなりません。退職から14日以内に住んでいる市区町村の役所で手続きをします。年金手帳または基礎年金番号通知書、退職証明書といった退職日が証明できる書類は最低限必要となります。その他、必要な書類がある場合もありますので、手続きをする役所に確認してください。 退職後の健康保険は、国民健康保険とそれまで会社で加入していた健康保険の任意継続のどちらかを選ぶことができます。 各都道府県により保険料の計算方法が違いますので、どちらが得になるかを考え、選ぶといいでしょう。
国民健康保険に加入する場合も、退職後14日以内に住んでいる市区町村の役所で手続きをします。 手続き時には健康保険資格喪失証明書といった退職日が証明できる書類(市区町村によっては不要)、本人確認書類、ハンコを持っていってください。
任意継続をする場合、退職後20日以内に協会けんぽか、会社の健康保険組合に申請します。 こちらの加入期間は、最長2年となっています。その後は国民健康保険に加入することになりますので、時期が来たら手続きを忘れないようにしましょう。

3 スキルシート作成

自分のスキルを簡単かつ明確に知ってもらうために、スキルシートを作ることは必須となります。プロジェクトが動き出してから、「スキルレベルが合わない」「職場の環境が聞いていたものと違う」といったお互いのミスマッチを防ぐために、記載する内容には正確さが求められます。 具体的には下記のようなことを、簡潔に最新案件を先頭に書いていきます。 ・プロフィール
・関わったプロジェクト内容・期間
・業務内容
・チーム体制と自身の立場
・システム環境
・担当工程
採用担当者に、自分がどのような仕事に適した人物であるのかイメージしやすいように書くことを心掛けてください。

4 営業ツールを作る

自分に合った案件を受注するため、スキルシートとともに、営業ツールも用意しましょう。
また、自分のウェブサイトを作ることも大切です。 プロフィールや実績をわかりやすく紹介し、新たな受注につなげていきましょう。
そして、フリーランスとして仕事をするにあたり、重要となるのは名刺です。 人脈を広げるため、常に持ち歩き、いつでも渡せるようにしておきましょう。 名刺に自分のウェブサイトにアクセスできるQRコードを載せておけば、名刺を渡した人が、簡単にサイトにアクセスすることができます。

フリーエンジニアとして独立するには技術力と業務のスキルのバランスが大事!

フリーエンジニアとして独立するためには、高い技術力とともに、営業、会計処理など、これまで会社がしてくれていた業務をこなす必要があります。
また、独立後に人脈を広げるためのツールとして重要な名刺は、看板代わりとなるものです。 ビスタプリントでは、約5,000種以上の豊富なデザインテンプレートから好きなデザインを選べる「プレミアム名刺」、 文字部分に厚盛り加工を施せる「文字DECO名刺」を作成することができます。 フリーエンジニアとして独立する際に、ぜひご活用ください。

関連トピック

会社員からフリーランスになるための手続きや準備

これまでの経験を活かしてフリーランスとして仕事を充実させたい。 お金のことや公的な手続きなど、フリーランスになるには、具体的にどのようなことをしておけばいいのでしょうか。 会社員のうちに、やっておきたいことをご紹介します。

もっと読む

名刺にメモをするのはOK?デキる社会人は名刺にひと工夫

初対面の相手の印象を忘れないうちに…と、名刺にメモをする。あるいは、訪問先で先方が不在のとき、自分の名刺にひと言書き添えて置いてくる。 これは、マナー違反にならないのでしょうか。名刺にメモをしてもいいのか、シーン別に解説します。

もっと読む