FPとして独立するために必要なこと

独立しているファイナンシャルプランナー(独立系FP)の仕事内容は、企業系FPとどのような違いがあるのでしょうか。また、独立系FPになるためには、どのような準備が必要となるのでしょうか。独立系FPの仕事内容や、独立のためのポイントをご紹介します。

独立系FPとは

まずは、独立系FPとはどのようなファイナンシャルプランナーのことを指すのかについて見ていきましょう。

独立系FPの働き方の特徴

独立系FPの働き方の特徴としては、次のようなことが挙げられます。
・客観的な視点からの提案を出すことができる ・ファイナンシャルプランナーとして、自身の得意分野や志向に即した仕事ができる ・センスやスキル次第では、自宅でスモールビジネスも行うなど、自由な規模で働ける
独立系FPは、特定の金融機関や保険会社に勤めている企業系FPよりも、柔軟性に富んだ提案や自由度の高い活動ができるといえるでしょう。

独立系FPの仕事獲得方法

ファイナンシャルプランナーの仕事の領域は、資金計画(ライフプランニング)や資産形成(投資活動)、不動産、保険、相続など幅広く、ファイナンシャルプランナーによって、強みや得意分野も変わってきます。そのような中、独立系FPの多くが、次のように報酬等を得ています。
・顧客からの相談料や顧問料などの報酬 ・証券会社や保険会社からの販売手数料
特に、保険相談サービスを提供しながら、資産形成や貯蓄、住宅購入に関するアドバイスを行うことで、保険会社から手数料を得ている、保険代理店を運営している独立系FPが多くいます。 独立系FPになることは、やりがいも大きくさまざまなビジネスを行える可能性があるため、FPの醍醐味ともいえるでしょう。独立して成功するためには、FPとしてのスキルや経験、知識を活かしたサービスを提供することに加えて、ビジネスセンスも求められます。

独立系FPの仕事内容

独立系FPの仕事内容は、顧客からの相談の対応と、講演・執筆業の2つに大きく分けられます。

顧客からの相談に応じる

法人や個人など、顧客からの相談内容や状況に応じて、より良いプランの提案を行います。
個人の場合は資金計画のようなライフプランだけではなく、金融、不動産、保険、年金、住宅ローンなどに関する相談があり、特に、住宅や保険など、金額の大きい買い物をしたい場合に、資金面を客観視できるプロフェッショナルとしてFPに相談する人が多くいます。顧客からは収入や家計の支出、家族構成、保持資産などについてヒアリングを行い、将来設計や資金計画をプランニングしていきます。
法人の場合は福利厚生に関する相談など、内容は多岐にわたります。

講演・執筆

独立系FPは、お金に関するセミナーや、FP資格者向けの継続教育、FP資格取得講座などの場で講師を務めることもできます。書籍や新聞・雑誌、インターネットなどの各種メディアに、お金に関するコラムを掲載するなど、執筆業を請け負うことも独立系FPならではの仕事といえるでしょう。

独立系FPになるには

ここからは、独立系FPを目指す場合に確認しておきたい「資格の有無」「事務所の有無」「顧客の獲得方法」の3点について、それぞれご紹介します。

1 資格を取る

ファイナンシャルプランナーになること自体には、資格の取得は必須ではありません。しかし、ファイナンシャルプランナーとして説得力を持たせ、信頼を得るためにも、資格取得は必要とされています。
ファイナンシャルプランナーの資格には、次のようなものがあります。
・ファイナンシャル・プランニング技能士
ファイナンシャル・プランニング技能士(FP技能士)は、ファイナンシャル・プランニング技能検定(FP技能検定)に合格することで取得できる国家資格です。1級FP技能検定から3級FP技能検定までの等級があります。 ・AFP資格、CFP資格
AFP(アフィリエイテッド ファイナンシャル プランナー)資格とCFP(サーティファイド ファイナンシャル プランナー)資格は、日本ファイナンシャル・プランナーズ協会(日本FP協会)が認定する民間資格です。 上記のうち、2級FP技能士とAFP資格は、ファイナンシャルプランナーになるための最低条件ともいわれています。さらに、CFP資格を取得することで、知識と肩書きにおいてほかのファイナンシャルプランナーとの差をつけることができるでしょう。 ほかにも、住宅ローンアドバイザーや相続診断士、証券外務員などの資格を、特化したい顧客層や専門分野に応じて取得することも独立系FPにはおすすめです。

2 事務所は必要?

ファイナンシャルプランナーとして独立するとなると、事務所の賃料などが必要となると考える人もいるかと思います。しかし、独立系FPは、顧客の家に訪問して相談を受けることも可能です。つまり、最初からオフィスや事務所を新築したり、テナントを借りたりする必要がないのです。
独立系FPとして開業する場合は、PCや移動手段となる車などが最低限用意されていれば問題ないでしょう。また、「1時間の利用につき数百円」など、比較的安価で借りられるレンタルスペースサービスを活用するという手もあります。

3 顧客の獲得方法は?

独立系FPは、新規顧客を獲得する必要があります。つまり、営業スキルと広い人脈の形成、さらにビジネスセンスが求められるのです。
セミナーやインターネット集客などのマーケティング活動によって新規顧客を獲得するなどして、自分に適した営業方法を見つけることが大切です。

独立系FPとして開業するなら名刺も忘れずに!

ファイナンシャルプランナーとして独立したあかつきには、名刺の用意は不可欠です。
ビスタプリントのプレミアム名刺は、約5,000種以上の豊富なデザインテンプレートからお好みのデザインを選ぶことが可能です。ぜひご利用ください。

関連トピック

仕事につながる名刺にするポイントは?フリーランスの名刺の作り方

フリーランスにとって、名刺は重要な営業ツールのひとつです。フリーランスの名刺に載せるべき情報や、印象的な名刺にするためのポイント、さらに自分で作る場合と業者に依頼する場合それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

もっと読む

フリーランスが営業活動で成功するためのポイントとは

フリーランスが新規顧客を獲得する場合は、みずからの営業スキルやコミュニケーションスキルが求められます。また、営業に必要となる自己分析やこれまでの実績の棚卸しなどを行ってから、適切な営業方法を実践することも大切です。

もっと読む