フリーランスが営業活動で成功するためのポイントとは

フリーランスが新規顧客を獲得する場合は、みずからの営業スキルやコミュニケーションスキルが求められます。また、営業に必要となる自己分析やこれまでの実績の棚卸しなどを行ってから、適切な営業方法を実践することも大切です。
ここでは、フリーランスが営業するにあたっての考え方のポイントや、実際の営業方法についてご紹介します。

フリーランスの営業で行っておくべき3つのこと

フリーランスが営業活動をするにあたっては、「自己分析をする」「実績をまとめる」「適正な報酬を決める」という3点を事前に行うことが大切です。

1 自己分析をする

自己分析によって、自分にはどのようなスキルや経験があるのかを明確にすることが重要です。
例えば、ライターであれば「ライフスタイル」「政治・経済」「医療」など、得意なジャンルを挙げることで、専門分野をアピールすることができます。また、イラストレーターやデザイナーなどの場合は、「作品がコンペで◯人の中から選ばれた」「一般的には◯日かかる作業を、自分は△日で仕上げられる」など、スキルレベルを提示することで、強みを明確にすることができるでしょう。
特に、案件を請け負うにあたって、どれくらいの作業時間や工数を要するのかを明確にすることで、クライアントに安心感を与えられたり、急な案件や短期案件にも対応できるとアピールしたりすることもできるでしょう。そのため、自己分析によって作業スピードやスキルを明らかにすることが求められるのです。

2 過去の実績をまとめる

アピールした強みや情報に信憑性を与えるためには、過去の実績や作品を提示する必要があります。クライアントが発注を検討している案件に関連性があるような、過去の案件をこちらが提示できると、クライアントも信頼して依頼してくれるでしょう。
最近は守秘義務がきびしくなっていることもあり、過去案件の提示が難しいというケースもあると思います。その場合は、クライアントに提示できるサンプルを作成し、ポートフォリオとして用意しておくことで対応することができます。

3 適正な報酬を決める

クライアントとの契約の際は、相手が報酬額を提示しているケースが多いです。しかし、専門的な案件になるほど、クライアントが報酬の相場や工数を把握していないということも発生します。そのため、作業時間や工数の目安に加えて、報酬額の相場を提示することで、信頼を寄せてもらうことにつながります。クライアントとの契約の際は、相手が報酬額を提示しているケースが多いです。しかし、専門的な案件になるほど、クライアントが報酬の相場や工数を把握していないということも発生します。そのため、作業時間や工数の目安に加えて、報酬額の相場を提示することで、信頼を寄せてもらうことにつながります。
特にライターやデザイナーの場合は、報酬額と併せて修正対応可能な回数なども事前に提示できると、トラブルを回避しやすくなります。

フリーランスの営業活動の方法

続いて、フリーランスの営業活動の方法を見ていきましょう。ここでは、代表的な5つの営業活動をご紹介します。

1 フリーランスエージェントを利用する

フリーランスエージェントに案件を紹介してもらうことで、さまざまな案件を継続的に請け負うことが可能です。
フリーランスエージェントから紹介される案件には、個人では獲得しにくい規模の案件も多いため、スキルアップにも役立つでしょう。これを利用して、フリーランスとしての実績を積むこともおすすめです。

2 クラウドソーシングを利用する

フリーランス初心者におすすめの方法が、クラウドソーシングの利用です。クラウドソーシングには案件としての規模が小さいものから大きいものまで登録されているため、簡単な案件から着実にこなし、レベルに応じて報酬額の高い案件を狙っていくことも可能です。
その一方で、クラウドソーシングは単発案件や短期案件が多いため、長期間かけてスキルを磨きたい場合は、フリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

3 セミナーやコミュニティに参加する

ビジネス系のセミナーやコミュニティに参加することで、業種を問わずさまざまな人と出会うことができます。名刺交換や、何気ないコミュニケーションを通してフリーランスである自分を売り込むことで、その後何かのタイミングで案件を依頼してもらえる…ということを期待できるのです。
セミナーに出ることで、すぐに仕事を紹介してもらえるわけではありませんが、人脈を形成することは、長期的な目で見てその後のビジネスチャンスにつながるでしょう。

4 人脈を活用する

もし、自分を紹介してくれそうな知人や友人がいる場合は、その人を通して仕事を獲得することもできるでしょう。
実際にあなたのことを知っている人を仲介することで、依頼主からある程度の信頼も得られます。

5 頼まれた案件をきちんとこなして継続を狙う

フリーランスに仕事を依頼するかどうかの判断の大部分が、過去の実績に左右されます。しっかりと実績を出しているフリーランスほど、「その人に仕事を任せれば安心」という信頼を得られるのです。そのため、請け負った案件の一つひとつをきちんとこなして、継続受注を狙うことも大切です。

フリーランスの多岐にわたる営業方法を実践してみよう

請け負う仕事内容や営業活動をひとつにしぼらず、さまざまな案件に携わっていくことで、人との出会いも増えて人脈を広げることができます。
また、フリーランスの営業には、名刺も必要不可欠です。デザインテンプレートも豊富で、レイアウトも簡単なビスタプリントのプレミアム名刺をぜひご活用ください。

関連トピック

FPとして独立するために必要なこと

独立しているファイナンシャルプランナー(独立系FP)の仕事内容は、企業系FPとどのような違いがあるのでしょうか。また、独立系FPになるためには、どのような準備が必要となるのでしょうか。

もっと読む

名刺の裏面を充実させるためのポイントとは?

フリーランスが新規顧客を獲得する場合は、みずからの営業スキルやコミュニケーションスキルが求められます。また、営業に必要となる自己分析やこれまでの実績の棚卸しなどを行ってから、適切な営業方法を実践することも大切です。

もっと読む