名刺に載せる肩書の適切な英語表記

名刺を作成する場合、裏面に英語表記を載せたいという人も多いと思います。裏面を英語表記にしておくことで、海外で名刺を使用する際や、英語圏のビジネスパーソンと名刺交換をするときに役立ちます。名前や住所などは簡単に英字にできますが、注意したいのは肩書です。 ここでは、名刺の肩書の英語表記について、役職や部署名、専門職それぞれについてご紹介します。

役職名の英語表記

会長 Chairman / Chairperson
副会長 Vice Chairman / Vice Chairperson
代表取締役 Representative of Director / Representative Director
社長 President
副社長 Executive Vice President
(米国の場合、部長・課長クラスにVice Presidentが使用されるため、誤解を避けるためにも「Executive」をつけて、副社長と部長・課長クラスと区別するケースがあります)
専務取締役 Senior Managing Director
常務取締役 Managing Director
取締役 Director
社外取締役 Outside Director
執行役員 Corporate Officer
監査役 Audit & Supervisory Board Member
相談役・顧問 Senior Adviser / Corporate Adviser
事業部長 Division Director
部長 General Manager / Department Manager
部長代理 Acting General Manager
次長 Deputy General Manager / Assistant General Manager
課長 Section Manager
課長代理 Acting Section Manager
係長 Subsection Chief / Chief Clerk
主任 Chief
工場長 Plant Manager / Factory Manager
支店長 Branch Manager

また、グローバル化に伴い、近年は「CEO」や「COO」といった、欧米で使用されるケースが多い肩書や役職を名刺に記載することも増えています。

最高経営責任者(CEO) Chief Executive Officer
最高執行責任者(COO) Chief Operating Officer
最高技術責任者(CTO) Chief Technology Officer
最高情報責任者(CIO) Chief Information Officer

部署名の英語表記

続いて、部署名の英語表記を見ていきましょう。
部署は、日本企業の場合「◯◯本部」や「◯◯部」「◯◯課」などと表記しますが、英語の場合は「Division(Div.)」「Department(Dept.)」「Section」などと表記します。これらの英語表記には、日本の組織のように規模の大きさや上下関係による違いがないため、企業それぞれが自由に使用しています。
その一方で、日本では企業によって部署名に「Company(Co.)」という表記を用いているケースもあるため、英語表記にする際は注意が必要です。

社長室 Office of the President
秘書室 Secretariat
総務部 General Affairs Department
法務部 Legal Department
財務部 Finance Department
人事部 Personnel Department / Human Resources Department
経理部 Accounting Department
営業部 Sales Department
販売促進部 Sales Promotion Department
調達部 Procurement Department
購買部 Purchasing Department
開発部 Development Department
技術部 Engineering Department
製造部 Manufacturing Department
輸出部 Export Department
広報部 Public Relations Department
宣伝部 Advertising Department
企画部 Planning Department
情報システム部 Information Systems Department
マーケティング部 Marketing Department
お客様サービス部 Customer Service Department

職種名の英語表記

役職や部署のほかに、職種名を肩書として名刺に記載するケースも少なくありません。特にフリーランスや個人事業主は、職種名で英語表記をする人も多いと思います。職種名の場合も、国によっては表現が異なることもありますが、ここでは一般的な英語表記をご紹介します。

秘書 Secretary
顧問弁護士 Corporate Legal Counsel
弁護士 Lawyer
税理士 Licensed Tax Accountant
公認会計士 Certified Public Accountant
司法書士 Judicial Scrivener
社会保険労務士 Labor and Social Security Attorney
医師 M.D.(「Doctor of Medicine」の略語)
歯科医 Dentist
看護師 Nurse(性別は関係ありません)
薬剤師 Chemist / Pharmacist
介護福祉士 Care Worker
建築士 Architect
エンジニア、技師 Engineer
総長 President
教授 Professor
准教授 Associate Professor
助教 Assistant Professor
講師 Instructor / Lecturer
コンサルタント Consultant
人事コンサルタント Personnel Consultant
ITコンサルタント IT Consultant
カウンセラー Counselor
コーディネーター Coordinator
投資家 Investor
ディーラー Dealer
ブローカー Broker
写真家 Photographer
グラフィックデザイナー Graphic Designer
プログラマー Computer Programmer
通訳 Interpreter
翻訳家 Translator

正しく読み取りやすい英語表記を選びましょう

日本における役職の英語表記が、海外では誤って解釈されるという可能性もあります。
国や組織の規模などによっても表現が変わってくるため、役職や肩書を英語表記にする場合は、海外で一般的に使用されている英語表記を確認した上で、実際に仕事内容を基に適切な英語表記を選ぶことが大切です。 ビスタプリントでは、約5,000種以上の豊富なデザインテンプレートから好きなデザインを選べる「プレミアム名刺」、文字部分に厚盛り加工を施せる「文字DECO名刺」を作成することができます。名刺づくりにご活用ください。

関連トピック

ビジネスチャンスを広げたい!人脈づくりのコツ

新しいビジネスチャンスを得るため、人脈を広げたいと考える人もいるのではないでしょうか。

もっと読む

名刺に載せる肩書の適切な英語表記

名刺を作ろうとする際、どのような情報を名刺に記載すべきなのか、名刺を自分で作るか業者に発注すべきかなど、疑問に思う人もいるのではないでしょうか。名刺づくりで失敗しないためには、記載すべき項目や、自作する場合と業者に依頼する場合のポイントなどについて確認することが大切です。

もっと読む