仕事や自分のイメージに合った名刺の色の選び方

普段、何気なく渡したり受け取ったりしている名刺。そこに使われている色によっても、 その人自身や会社のイメージが大きく左右されることがあります。

仕事や自分のイメージに合ったカラーはどれ?名刺の色の選び方

普段、何気なく渡したり受け取ったりしている名刺ですが、名刺の色使いについて考えたことはあるでしょうか?実は、色の持つ効果は大きく、名刺に使われている色によっても、その人自身や会社のイメージが大きく左右されることがあります。
ここでは、名刺に使う色の配色ルールや、色それぞれが持つイメージについてご紹介します。

配色の基本ルール

見栄えのいい名刺にするには、自由に色を置くのではなく、 配色ルールに則ってカラーリングを決めることがポイントとなります。
配色を決める場合は、まず「テーマカラー」を決めましょう。 このテーマカラーを決めることで、名刺全体に統一感を出すことができるのです。 テーマカラーは、「ベースカラー」「アソートカラー」「アクセントカラー」の3色からできています。 使う色数が多いほど扱いや配色が難しくなってしまうため、まずは基本の3色から決めることをおすすめします。
おすすめのテーマカラーの配色の割合は、次のようになっています。 ベースカラー:70%
アソートカラー:25%
アクセントカラー:5%
この割合に沿ってテーマカラーを決めることで、まとまりのあるデザインの名刺にすることができます。 テーマカラーは、アソートカラー、ベースカラー、アクセントカラーの順に決めていきましょう。

アソートカラー

テーマカラーの中でも、最も主張したいカラーがアソートカラーとなります。 ロゴ部分やキャッチフレーズなど、名刺を受け取った人の目にとまりやすい部分に使われる色です。
例えば、企業のイメージカラーや使用するロゴのカラーが決まっていれば、その色を選びます。 それ以外の場合は、仕事や会社の世界観を表現したり、ターゲットに好まれそうな色にしたりします。
ここで注意したいのは、アソートカラーに赤、青、黄など原色を用いる場合、きつい印象を与えたり、 警戒すべきイメージと受け取られてしまったりする可能性があります。アソートカラー選びは特に慎重に行いましょう。

ベースカラー

名刺の背景色など、一番広い面積に使用される色がベースカラーです。 基本的には、白・ライトグレーといった明度の高い色や、淡い色が選ばれることが多いです。 名刺のみならず、広告やパンフレット、ウェブサイトなどでも、背景のベースカラーが濃い色では文字が読みにくくなってしまうため、 明度の高い色が使用されています。
ベースカラー選びで失敗しないためのポイントは、 「アソートカラーの明度を上げた色」を選ぶことです。 この方法でベースカラーを選ぶと、統一感のあるイメージにすることができます。 そのため、ベースカラーは、白、あるいはアソートカラーを基準にして選べば、バランスが崩れることを防げるでしょう。

アクセントカラー

最後に選ぶアクセントカラーは、使われる範囲は狭いですが 、非常に重要な役割を果たす色です。名刺を渡す相手に特に注目してほしい、 見落としてほしくない部分にのみ使用する色となります。
アクセントカラーを選ぶ際のポイントは、「アソートカラーの反対の色」にすることです。 そうすることで、色の対比の鮮やかさが際立ち、自然と読み手の目にとまりやすくなります。 例えば、アソートカラーが赤系であれば、アクセントカラーは青緑系を選ぶと効果的です。

名刺に使われる色別のイメージ

ここからは、名刺に用いる色それぞれが持つイメージについて見ていきましょう。

・白 無彩色である白は、暗い色を際立たせる効果のある、最も明るい色でもあります。 「信頼感」や「清潔感」「健康的」といったクリーンなイメージを与える、好感度の高い色です。

・赤 目を引く色である赤は、「活動的」「ダイナミック」「充実感」「力強さ」などの イメージを与えます。印象を残しやすい色といえるでしょう。

・青 名刺に使われる色として、非常に人気の色が青です。 どんな職種の名刺にも合う色とされており、「信頼感」や「スピーディさ」「透明感」などのイメージを与えます。

・緑 「癒やし」「穏やかさ」「安全」「エコ」などのイメージを与える緑は、 介護職やエステ関係の名刺にもよく使われます。

・黄色 「明るさ」「大胆」「活動的」などのイメージを与える色が黄色です。 幼稚園の先生や料理教室講師、美容院などの名刺に多く使用されています。

・オレンジ 「カジュアル」「優しさ」「おいしい」といったイメージを持つ色がオレンジです。 レストランや料理教室などの飲食関係に特に人気の色です。

・ピンク ピンクは、「やわらかさ」「フェミニン」「優しさ」のイメージを持ちます。 緑のように癒やしのイメージが強いため、介護職やエステ関係などの名刺によく使用されています。

自分らしさや仕事に合った色選びを

名刺の配色ルールと、色それぞれの持つイメージについて紹介しました。 同じレイアウトや内容の名刺でも、カラーリングによって印象は大きく変わってきます。 自分の会社や仕事のイメージに近いイメージを与える色を選び、 配色のバランスも注意しながら名刺を作ると、渡した相手により好印象を抱いてもらえる名刺にすることができるでしょう。 ビスタプリントでは、約5,000種以上の豊富なデザインテンプレートから好きなデザインを選べる「プレミアム名刺」、 文字部分に厚盛り加工を施せる「文字DECO名刺」を作成することができます。 お好みの色使いのデザインから選んでみてください。

関連トピック

ライバルに差をつける、印象に残る名刺の作り方

名刺は、重要なビジネスツールのひとつです。印象に残る名刺を渡し、会社や自分のことを覚えてもらうきっかけにすることも大切です。 どれだけ好印象を残せるかによって、その後の取引きが左右されるともいえるでしょう。 印象に残る名刺を作るためのポイントをご紹介します。

もっと読む

会社員からフリーランスになるための手続きや準備

これまでの経験を活かしてフリーランスとして仕事を充実させたい。 お金のことや公的な手続きなど、フリーランスになるには、具体的にどのようなことをしておけばいいのでしょうか。 会社員のうちに、やっておきたいことをご紹介します。

もっと読む