ライターの名刺を作る際のポイントとおすすめデザイン

名刺はビジネスにおいて、自分自身が何者かを示す、証明書のようなアイテムです。 どんな職種の人であれ、名刺がないままビジネスを始めることはできません。 しかし、いざ名刺を用意しようと思っても、どのような情報を盛り込めばいいのか、 どのようなデザインにすればいいのか、迷ってしまうことも多いかと思います。 ここでは、ライターの名刺を作成する際に気を付けたいポイントと、おすすめのデザインをご紹介します。自分らしく、かつ手渡す人の印象に残る名刺を作ってみてください。

ライターの名刺デザインの考え方

ライターが名刺交換を行うおもな相手は、 出版社や制作会社といった仕事を発注する「クライアント企業」と、 記事を書く際に、実際に取材やインタビューを行う「取材先担当者」や「インタビュイー」です。
名刺を交換する人が多岐にわたるため、基本的にはシンプルで、誰が見ても違和感を覚えないようなデザインにすることが一般的です 。一方で、センスを問われる職種でもありますので、名刺デザインの幅は、他の業種に比べて広く、多少奇抜なデザインにしても問題ないでしょう。
ここでは、ライターの名刺を作成する際に押さえておきたいポイントをいくつかご紹介します。

名刺のデザインで専門領域をアピールする

医療やグルメといった専門領域を持っているライターの場合は、その業界に関係するようなイラストを盛り込んだ名刺のデザインにすることで、 クライアント企業からも自分の存在を憶えてもらいやすくなり、また取材先担当者にも安心感を与えることができます。 クライアント企業と取材先担当者それぞれでライターに求める人柄やスキルは多少異なるはずですので、あえてそれぞれ別デザインの名刺を作ることも効果的です。

ライターの名刺には住所を入れるのがおすすめ

名刺には、職種名、名前、連絡先はもれなく記載するようにします。 連絡先は、急ぎの連絡や口頭での相談ができることを示すために、電話番号も記載するといいでしょう。
また、スペースに余裕があれば、フリーランスとして自宅で活動している人であっても、住所を書いておくことをおすすめします。 クライアント企業や取材先担当者によっては、該当エリアに近いライターをアサインするといったケースも少なくありません。 名刺に住所を記載することで、だいたいの活動範囲を示すことにつながり、それだけ親切な印象を与えることができます。

ビスタプリントおすすめのライター名刺デザイン5選

ここからは、ビスタプリントの「プレミアム名刺」でご用意している名刺デザインから、 ライターの名刺におすすめのテンプレートを5つご紹介します。

1 一目でライターとわかるデザイン

名前や連絡先などの基本情報が見やすく、シンプルなデザインです。 各種情報のあいだにラインが引かれていることで、見る人が知りたい情報を見つけやすく、親切な印象を与えることができるでしょう。
表面の左下と裏面にあるイラストは、自身が専門職の人間であることをしっかりとアピールしつつ、 同時におしゃれな印象も与えることができます。分野や対象を限定せず、 ライターとして、広くいろいろな人に自身をアピールする際におすすめのデザインです。
デザインID:2724635

2 写真も載せられ、印象付けるデザイン

ペンとノートという、ライターを象徴するようなアイテムのイラストが入ったデザインです。
端がルーズリーフのような見た目になっているため、インパクトが大きく、 名刺の束の中からでも見つけやすいデザインといえるでしょう。一目見ただけで、ライターであることを示せるという点もポイントです。
デザインID:998963

3 グルメ系ライターにおすすめのデザイン

グルメ系の取材が得意なライターにおすすめのデザインです。
一般的に、メインカラーは白が多い名刺の中では、黒をメインカラーにするだけで、十分目立たせることができます。 また、随所に配置された食材や調理器具が、グルメ系に強いライターであるということを存分にアピールしてくれます。ただし、ビジュアルにインパクトがあり、ライターとしての印象を残しにくくなる可能性があるため、ライターという職種名はしっかりと目立つ位置に、大きく記載するようにしましょう。
デザインID:1328043

4 相手にインパクトを与えられるデザイン

非常にシンプルな見た目ながら、配置や色味が特徴的なため、想像以上にインパクトが強いデザインです。 青と赤という、名刺のベースカラーである白との相性がいい色を効果的に配置することで、名刺の束の中でもしっかりと目立つようになっています。 また、吹き出しを模したデザインが、インタビューや取材を得意とするライターであることを連想させてくれます。 デザインID:1302668

インパクトは大切にしつつ、見やすいデザインを心掛けよう!

ライターはセンスが問われる専門職であり、それらを示すために、名刺も凝ったデザインにしたいと考える人は少なくありません。 しかし、クライアント企業や取材先担当者は、比較的堅めであることも多く、あまり華美なデザインを好まないケースもあります。 そのため、名刺のデザインは基本的にはシンプルにしつつ、相手が知りたいと思う情報をしっかりと見やすく配置してあげることが大切です。 その上で、名刺全体の構成や、載せるイラストなどで自分らしさを表現するようにすると、 インパクトと信頼感のバランスがとれ、どのようなシーンでも使える名刺になるでしょう。
最初にコミュニケーションをとるときはもちろんですが、名刺交換した後から思い出してもらうことも大切です。 名刺の束から探す際も見つけやすく、また信頼に足る人物であることをアピールできるデザインを心掛けてください。
ビスタプリントでは、約5,000種以上の豊富なデザインテンプレートから好きなデザインを選べる「プレミアム名刺 」、文字部分に厚盛り加工を施せる「文字DECO名刺 」を作成することができます。名刺を作る際に、ぜひご活用ください。

関連トピック

営業のための名刺を作る際のポイントとおすすめデザイン

営業にとって、名刺は必須アイテムです。 また、フリーランスの場合でも、営業は必要不可欠な行為です。 営業のための名刺を作成する際に気を付けたいポイントと、おすすめの名刺デザインについてご紹介します。

もっと読む

医師の名刺を作る際のポイントとおすすめデザイン

医師という職業は信頼感や清潔感が重要になるため、名刺において、盛り込む情報や配色といった細部までこだわる必要があります。 医療関係者や患者さんに対し、いい印象を与える名刺を作るために気を付けたいポイントや、おすすめのデザインをご紹介します。

もっと読む