営業のための名刺を作る際のポイントとおすすめデザイン

企業の顔として、たくさんのクライアント先を回る営業職。 そんな営業にとって、名刺は必須アイテムです。また、フリーランスの場合でも、営業は必要不可欠な行為です。
名刺交換においては、少しでもクライアントにいい印象を残しつつ、今後も継続して取引きをしていきたいと思わせなければなりません。 そこで、営業のための名刺を作成する際に気を付けたいポイントと、おすすめの名刺デザインについてご紹介していきます。

営業の名刺デザインの考え方

営業活動において、クライアントとの最初のコミュニケーションとなるのが名刺交換です。
名刺交換をした後に、初めて本格的な商談に入っていくわけですから、名刺が与える印象には、かなり気を付けなければなりません。 ここでは、営業の名刺を作成する際に押さえておきたいポイントをいくつかご紹介します。

アイスブレイクとなるようなワンポイントを入れる

営業職の名刺には、アイスブレイクとしての会話の材料になるようなワンポイントを入れることがおすすめです。
イラストや顔写真のようなビジュアルで訴求するようなものでも構いませんし、 趣味や特技といった仕事とは直接関係のないプライベートな情報をテキストとして入れても効果的です。
自分でも受け取った名刺を確認すると思いますが、クライアントもそれは同じです。 名刺交換の際に、話題になるような「隙」を意図的に盛り込んでおくと、その後の会話がスムーズになるでしょう。

業種に合わせた雰囲気の名刺デザインを選ぶ

名刺を、自分たちの業種に合わせた雰囲気にしていくことも大切です。 例えばメーカーや医療といった堅い印象の強い業種であれば、名刺もシンプルで無骨なデザインのほうがイメージに合います。 逆に、デザインや広告系の業種であれば、クリエイティブ力を示すためにも、個性的なデザインを盛り込んだほうがいいでしょう。
また、幅広い商材を扱っているのであれば、名刺には自分自身の情報だけではなく、 取り扱っている商品・サービスの概要や機能を簡単に書いておくこともおすすめです。 クライアントが後から名刺を見返したときに、どのような会社だったかをすぐに思い出してもらえるため、今後の営業がしやすくなる可能性があります。

ビスタプリントおすすめの営業名刺デザイン7選

ここからは、ビスタプリントの「プレミアム名刺」がご用意している名刺デザインから、 営業のための名刺におすすめのテンプレートを5つご紹介します。

1 シンプルでまとまったデザイン

シンプルなデザインで、業種を選ばないのが魅力の名刺テンプレートです。
名刺から与えられる印象があまり強くないので、自分自身のキャラクターに注目してもらいやすくなるでしょう。 必要な情報がきれいにまとまっているため、クライアントにとっても見やすく、親切な印象を与えられる点もポイント。 左右に配置したちょっとしたデザインが味になっており、玄人受けしやすいのが特徴です。
デザインID:2173223

2 大胆にイメージを配置したデザイン

メインとなる商材やサービスのイメージを大胆に配置したデザインです。
これだけ大きくイメージを見せられると、クライアントはどうしてもそのサービスのことが気になりますし、 会話を始めるきっかけとしても効果を発揮してくれるでしょう。ここでしっかりイメージを植え付けておくことができれば、 後から思い出してもらうことも容易になり、クライアントと長く付き合っていくことが可能になるはずです。
デザインID:1267316

3 洗練されたイメージを想起させるデザイン

極めてシンプルなデザインながら、色味や配置などを計算しつくした、高級感や洗練されたイメージを与えられる名刺テンプレートです。 社名や商材が比較的知られていて、堅めの業界にアプローチする際に力を発揮するでしょう。 デザインID:841806

4 名刺を渡した相手の距離が縮まるデザイン

自分自身のプライベートな情報などを盛り込み、アイスブレイクの材料とする際に有効な名刺テンプレートです。
営業を成功させるには、商品力はもちろん大切ですが、 「この人と仕事がしたい」と思わせられるかどうかも非常に重要。 そういった意味で、自分自身の人柄を相手に憶えてもらいやすく、クライアントとの距離を縮めていきたい際に有効です。
デザインID:2237184

5 派手すぎず情報がまとまったデザイン

あまり華美にはならず、それでいて自社のサービスのイメージを持ってもらいたい場合にはこのような名刺デザインが有効です。 表面に情報を集約することによって、名刺ケースに入れた状態でも情報が拾いやすく、 クライアントの目にも止まりやすくなるでしょう。派手なデザインではないため、自分たちの業種やクライアント先も限定されません。 デザインID:3530014

6 営業に対するポジティブさが出ているデザイン

営業としての元気の良さや温度感をアピールするために最適なデザインです。 赤や黄色といった暖色を用いれば、それだけでガッツを感じることができますし、営業担当の人柄を感じさせるきっかけにもなるでしょう。 クライアントが真面目な会社の場合は、デザインは同じでも、色を青などの寒色にすることで、誠実な印象を持ってもらうこともできます。 デザインID:1266068

7 理知的な印象を与えられるデザイン

ITや技術系の営業の場合は、幾何学模様などをワンポイントで入れることで、理知的なイメージを持たせることも有効です。このようなデザインがあるだけで、 クライアントは技術に関するサービスを提供している会社だということがすぐにわかりますし、 そこから名刺の人物がどういった印象だったかも思い出しやすくなるでしょう。 デザインID:3039539

業種に合わせてフレキシブルに!イメージを端的に伝えられる名刺を心掛けよう

営業のための名刺は、商材やサービスに関する情報を伝えたり、自分自身の人柄や人物像を伝えたり、 アイスブレイクの材料になったりと、一枚で多くの役割を果たさなければなりません。そのため、まずは自分自身が扱う商材や人柄をしっかりと把握し、 どうすればそれが一番伝わりやすいかを考えながら、 メインクライアントとなる人たちの特性に合わせてデザインを練っていきましょう。 ビスタプリントでは、約5,000種以上の豊富なデザインテンプレートから好きなデザインを選べる「プレミアム名刺 」、文字部分に厚盛り加工を施せる「文字DECO名刺 」を作成することができます。名刺を作る際に、ぜひご活用ください。

関連トピック

税理士の名刺を作る際のポイントとおすすめデザイン

名刺によって、今後のビジネスの印象は左右されます。特に、責任が求められる税理士は、名刺でも信頼感をアピールしなければなりません。 税理士が、クライアントに渡す名刺を作成する際に気を付けたいポイントや、おすすめのデザインをご紹介します。

もっと読む

ライターの名刺を作る際のポイントとおすすめデザイン

名刺はビジネスにおいて、自分自身が何者かを示す、証明書のようなアイテムです。 どんな職種の人であれ、名刺がないままビジネスを始めることはできません。 ライターの名刺を作成する際に気を付けたいポイントと、おすすめのデザインをご紹介します。

もっと読む