薬剤師の名刺を作る際のポイントとおすすめデザイン

名刺はビジネスの顔といっても過言ではない重要なアイテムです。 しかし、名刺のデザインに決まりはなく自由度が高いため、どのように作成すべきか悩む方も多いのではないでしょうか。
中でも、薬剤師をはじめとする医療関係者は、一般的な会社員以上に清潔感や信頼感を重視した名刺にする必要があります。
ここでは、薬剤師が医療関係者や患者さんに渡す名刺を作成する際に気を付けたいポイントや、おすすめのデザインをご紹介します。 この記事を参考に、自分の魅力をアピールできる名刺を作成してみてください。

薬剤師の名刺デザインの考え方

薬剤師が名刺交換を行うおもな相手は、医師をはじめとする医療関係者や調剤薬局に訪れる患者さんとなりますが、 名刺交換はほとんど行っていないという方も多いかもしれません。
しかし、病院やクリニックとの関係を強化し、サービスの質を向上させるためにも、名刺交換は重要な活動になります。 また、患者さんに名刺を渡すことで信頼関係を築き上げ、リピーターとなることも期待できるでしょう。
ここでは、薬剤師の名刺を作成する際に押さえておきたいポイントをいくつかご紹介します。

2種類の名刺を使い分ける

名刺を渡す相手によって目的が異なるため、薬剤師は、医療関係者向けと患者さん向けの2種類の名刺を作成することをおすすめします。 医療関係者、特に医師に対しては、しっかりと仕事を任せられる印象を与えることが重要になります。 そのため、青や水色、紺色といった寒色系をベースにデザインし、信頼感や誠実さをアピールするといいでしょう。
患者さん向けの名刺は、何でも相談できる親しみやすさを演出するために、ピンクやオレンジといった暖色系を用いてみてはいかがでしょうか。

薬剤師の名刺に載せておきたい情報

名刺には調剤薬局名や名前以外にも、さまざまな情報を盛り込むことができます。
例えば、仕事のポリシーを一言コメントで記載すると安心感が増しますし、趣味や好きな物などのプロフィールを記載すると親近感を覚えてもらうことができます。 このようなコメントやプロフィールをきっかけに会話が弾むこともありますので、相手に印象付けるためにも取り入れてみるといいでしょう。
また、患者向けの名刺では、電話番号を大きく記載することをおすすめします。 薬や体調に関する不安を気軽に相談できる薬局として、地元の人々から信頼を得ることにつながるはずです。

信頼感や親しみやすさをアピールする

イラストや写真を活用するのも有効な手段です。顔写真を載せると信頼感が増し、 イラストをデザインに入れると温かみや親しみやすさが増すことになります。相手に与えたい印象によって、名刺にワンポイントをうまく取り入れてみてください。
ビスタプリントの名刺は、紙質を変更できるだけではなく、 イラストやテキストを盛り上がらせる「DECO名刺」にすることもできます。 DECO名刺は、持ったときの手触りが普通の名刺とは異なるため、印象に残りやすいというメリットがあります。
患者さん向けの名刺は、親しみやすさと同時に憶えられやすさを大切にしたほうがいいので、このような遊び心を取り入れてみてもいいかもしれません。
一方、医療関係者向けの名刺は真面目さをアピールすべきなので、遊び心はあまり出さないほうが無難でしょう。 DECO名刺ではなく厚みのある紙質を選ぶことで、高級感のある手触りになるため、信頼できる印象を与えることができます。

ビスタプリントおすすめの薬剤師名刺デザイン5選

ここからは、ビスタプリントの「プレミアム名刺」がご用意している名刺デザインから、 薬剤師の名刺におすすめのものを5つご紹介します。

1 患者さんに温かい印象を持ってもらえるデザイン

カプセルのイラストがデザインされた名刺のため、一目で薬剤師であることが伝わります。
配色もオレンジや赤がベースとなっており、ポップで温かみのある印象に仕上がっているので、患者さん向けの名刺として最適でしょう。 他の名刺とまとめて保管された際にも、鮮やかな色合いが目を引くため、探しやすく手に取ってもらいやすくなります。
親しみやすくかわいらしい名刺を希望される薬剤師の方におすすめのデザインです。
デザインID:502239

2 シンプルかつ印象的なデザイン

十字と心電図がモチーフのおしゃれなイラストが魅力の名刺です。
医療関係者であることが伝わり、シンプルながらも印象的なデザインとなっているため、医師向けでも患者さん向けでも活用できるはずです。
青や緑など5種類の配色パターンから選べるため、調剤薬局のイメージカラーや相手に与えたい印象によって調整することができます。
デザインID:2989306

3 漢方薬局におすすめのデザイン

漢方の写真が配置されたスタイリッシュな名刺です。
漢方薬系に強い調剤薬局であれば、得意分野を強くアピールすることができるのでおすすめです。 写真を印象的にあしらったデザインの名刺を使用している人は少ないため、印象にも残りやすいです。
オレンジや茶色など暖色系が基調となっており、温かく優しいイメージに仕上がっていますので、患者さん向けの名刺としても活用できます。
デザインID:3742490

4 デザイン的で信頼感もアピールできるデザイン

幾何学的なラインが印象的な名刺です。特殊加工を施せば、ライン部分はキラキラと上品に輝せることもできます。
嫌みのない遊び心のあるデザインで印象に残りやすく、信頼感もアピールできるため、医師向けの名刺として活用しやすいでしょう。人とは一味違った名刺を好む方におすすめです。
デザインID:3136878

5 温もりを感じさせる優しいデザイン

爽やかなブルーとグリーンで、手を合わせる手描きイラストがあしらわれた名刺です。
清潔感があり優しく親しみやすい印象を与えるため、薬剤師をはじめとする医療関係者にぴったりのデザインです。
会社名の下にラインが引かれていますので、調剤薬局名をアピールしたい場合にも適しています。医療関係者向けと患者さん向け、どちらにもいい印象を与えられる一枚です。
デザインID:728893

2種類の名刺を使い分けて信頼感と親しみやすさをアピール!

医療関係者向けには信頼感を、患者さん向けには親しみやすさをアピールするために、 薬剤師は2種類の名刺を使い分けることをおすすめします。
デザインは華美になりすぎず、シンプルながらもイラストや写真でワンポイントを加え、印象に残る名刺にするといいでしょう。
ビスタプリントの「プレミアム名刺 」は、5,000種類以上の名刺テンプレートをご用意しています。プレミアム名刺の業種「 保健所、社会福祉施設 」から薬剤師向けの名刺テンプレートが閲覧できますので、お気に入りのデザインを探してみてはいかがでしょうか。

関連トピック

医師の名刺を作る際のポイントとおすすめデザイン

医師という職業は信頼感や清潔感が重要になるため、名刺において、盛り込む情報や配色といった細部までこだわる必要があります。 医療関係者や患者さんに対し、いい印象を与える名刺を作るために気を付けたいポイントや、おすすめのデザインをご紹介します。

もっと読む

相手に印象を残す名刺の肩書にするためのポイント

名刺を作成する際は、名前や連絡先だけではなく、肩書も記載します。 名刺の肩書は、単にその人の役職や職種を伝えるだけではなく、相手からの信用を得たり、具体的な仕事内容を知ってもらったりすることにも役立ちます。

もっと読む