縦型名刺と横型名刺、それぞれの特徴と選び方

名刺のデザインは千差万別ですが、縦型にするか、横型にするかという2つの選択肢があります。 以前は縦型名刺が主流でしたが、最近では横型名刺も多く見かけるようになりました。
名刺を作成する際は、縦型・横型それぞれの特徴をつかんだ上で、目的に合ったデザインを選ぶようにしましょう。

縦型の名刺の特徴

縦型名刺は、社名、肩書、名前、住所と電話番号をシンプルにアピールする際に適した形です。
また、縦型の名刺に、あえて横書きで情報を入れ込むという方法もあります。 会社のウェブサイトのURLやメールアドレスなど、縦書きには適さない情報もありますから、その場合は縦型名刺に、横書きでデザインをすることになるでしょう。

縦型名刺を選ぶメリットと注意点

最近では、縦型名刺よりも横型名刺のほうが主流になっているため、縦型を選ぶことで相手の印象に残りやすくなるというメリットがあります。 また、名刺ホルダーに収められた後も、ほかの名刺と向きが異なるため、目につきやすくなります。
デザイン面から見ても、縦型名刺はスタイリッシュでクラシカルな印象になるため、 真面目さやクールな印象をつけたい場合や、縦型を活かしたデザインにすることでセンスをアピールしたい場合などにおすすめです。
ただし、横型名刺に比べて、デザインの自由度や入れ込める情報量に制限があります。

横型の名刺の特徴

横型の名刺は、写真やQRコード、会社のロゴなどをスマートに入れやすいデザインです。 昔ながらの縦書きの文章を目にする機会が減っている中で、名刺も横書き・横型が選ばれることが増えています。

横型名刺を選ぶメリットと注意点

最近の名刺には、会社のウェブサイトのURLやメールアドレスを記載することが増えています。 こういった情報は、横書きでしるされたほうが見やすいので、横型名刺のほうが配置しやすいといえます。 また、横型名刺は現在の主流となっているため、なじみやすく、整理もしやすいという、受け取る側のメリットもあります。
デザインの自由度も縦型名刺に比べて高いため、自由なレイアウトを楽しむことができるでしょう。しかし、あまり特徴のないデザインにしてしまうと、ほかの名刺との差別化が図れずに、埋もれてしまう可能性があります。

縦型か横型か、特徴をつかんだ上で選ぼう

名刺は、縦型にも横型にもそれぞれの魅力があります。名刺のデザインをする際は、自分のイメージに合った形を選びましょう。 ビスタプリントの「プレミアム名刺」では、 3,000種類近くの横型デザインの名刺と、2,000種類を超える縦型デザインの名刺のテンプレートをご用意しています。 縦型か横型か、特徴をつかんだ上で、テンプレートを活用して作成してみてはいかがでしょうか。

関連トピック

起業してからPRに必要なもの

起業後、たとえすばらしい商品やサービスを提供していたとしても、効果的にPRをして、ターゲットとなる顧客に届かなければ意味がありません。 起業したばかりの人に活用をおすすめしたい、PRのお役立ちツールについてまとめました。

もっと読む

FP資格を名刺に記載する際の注意点

ファイナンシャルプランナーとしての強みをアピールできるFP技能士の肩書を名刺に記載する際は、 決められた記載方法があります。誤った表現をしてしまわないよう、正しい記載方法とルールを知っておきましょう。

もっと読む