名刺交換会で失敗しないための心構えとは?

業種や職種を問わずさまざまな人と出会うことができる名刺交換会は、新しい人脈形成やビジネスチャンスにもつなげることができます。名刺交換会には、どのようなことに注意して参加すべきなのでしょうか?
ここでは、有意義な名刺交換会にするためのポイントや心構えについてご紹介します。

名刺交換会とは?

名刺を交換しながら、いろいろな人と出会うことができる名刺交換会。特に、立食形式の会であれば、自由に行動しながら、多くの人と交流することができるため、新しく人脈を広げるための大きなチャンスとなります。

名刺交換会における5つの心構え

ここからは、名刺交換会に参加する際に意識したい、5つの心構えを見ていきましょう。

1. 名刺はたくさん用意する

名刺交換会において、名刺が足りなくなってしまったというケースは少なくありません。名刺交換会の規模はさまざまで、10数名程度の小さな会から、数百名の大規模な会まであります。ほとんどの名刺交換会が事前に定員数を設けているため、規模に応じて余裕のある枚数の名刺を用意しておきましょう。
また、大規模な名刺交換会だと、一斉に名刺交換をした後に懇親会などがあるケースもあります。一度名刺を交換しても、お互い覚えていないということがほとんどのため、懇親会や談笑の時間に同じ人と再度名刺交換をしてしまうことも多々あります。そのときに名刺が足りないということのないよう、大人数の名刺交換会であるほど、名刺は余裕のある枚数を持っていくようにしましょう。

2. 量より質

とにかく多くの人と名刺を交換しようと、目標を立てる人も少なくありません。しかし、そうすると1人あたりの会話の時間が短くなり、お互いに印象も薄くなってしまうため、新しい人脈を構築することは難しいというのが現実です。
そのため、名刺交換会は「量より質」を意識してコミュニケーションすることがポイントとなります。名刺交換をして「この業界や業種には、ビジネスチャンスがあるかもしれない」「この人とは気が合うな」と感じた相手と、ある程度コミュニケーションに時間をかけてみるといいでしょう。交換できる名刺の数は少なくても、結果的に価値ある時間を過ごせることになります。

3. 相手に覚えてもらうためのコミュニケーションを心掛ける

名刺交換をする相手にいい印象を残すためには、どのようなことを意識してコミュニケーションすればいいのでしょうか。ポイントをいくつかご紹介します。 ・相手の印象に残るためのコツ
せっかく名刺交換をしても、後になって思い出してもらえないようなコミュニケーションとならないようにしたいものです。単に自己紹介をするだけでは、すぐに相手の記憶から薄れてしまうので、「記憶に引っ掛かる」話し方をすることがポイントとなります。
例えば、自己紹介の最初に名前を言った後、最後に立ち去る前にもう一度名前を言う方法などが効果的です。ほかにも、会話の中で印象に残るエピソードを交えたり、座右の銘やキャッチコピーなどを伝えたりすることでも、相手の記憶に残りやすくなります。
・名刺交換会用の名刺を用意するのもおすすめ
普段、使用している名刺とは別に、名刺交換会用の名刺を用意することも有効です。交換会用の名刺には、顔写真を載せてみるのもいいでしょう。多くの人と一度に名刺交換をする名刺交換会では、記憶に残りやすい名刺にすることが重要です。
また、名刺交換会用の名刺の裏面には、自分のプロフィールを記載することもおすすめです。趣味や特技、経歴などを書いておくことで、より自分の具体的な情報を伝えることができます。趣味などに相手との共通点があれば、その後の関係も構築しやすく、スムーズな人脈形成にもつながるでしょう。

4. 目的を持って参加する

何の目的もなく名刺交換会に参加していては、コミュニケーションにも積極的になれず、貴重な情報や意見を得ることは難しくなります。名刺交換会への参加を決めたら、自分の中でテーマを明確にして、「このテーマについて情報収集をしたい」「業界内で人脈を広げたい」「ビジネスパートナーを探したい」といった目的を持ちましょう。
目的がはっきりすることで、名刺交換会に向けての準備もすることができますし、よりスムーズなコミュニケーションをとることもできるでしょう。

5. 名刺交換会が終わったらすぐに行動する

名刺交換会が終わった後は、スピーディーに次の行動を起こすことが大切です。次の商談やアポイントへつなげるためのアクションを早めに起こすことで、名刺交換をした相手の記憶から、自分が抜け落ちてしまうことを防ぐことができます。
具体的な行動としては、LINEやFacebookなどを活用して連絡することがおすすめです。特に、将来的につながりを持ちたいと感じた相手や、今後顧客になりうるだろうと思う相手には、積極的に行動するべきでしょう。

今後のビジネスにつながる名刺交換会にしよう

名刺交換会では、相手に失礼がないようマナーをきちんと守ることも大切です。話した相手とは、必ず名刺交換をしましょう。ここでご紹介したような注意点やコミュニケーションのコツを意識して参加することで、今後のビジネスチャンスにもつながる、有意義な名刺交換会にすることができます。 ビスタプリントでは、約5,000種以上の豊富なデザインテンプレートから好きなデザインを選べる「プレミアム名刺」、文字部分に厚盛り加工を施せる「文字DECO名刺」を作成することができます。名刺交換会のための名刺づくりにご活用ください。

関連トピック

名刺にQRコードを載せるメリットと作成時の注意点

最近では、名刺にQRコードを記載するという人も少なくありません。QRコードを載せることで、名刺には記載しきれないさまざまな情報を相手に伝えることも可能となります。

もっと読む

プライベート名刺(第二の名刺)作成時のポイント

第二の名刺や個人名刺とも呼ばれるプライベート名刺は、会社全体で統一されたデザインで用いる名刺とは異なり、個人で使用する名刺のことです。

もっと読む