三歳の七五三にぴったり!お気に入りの背景で作るコツ


三歳の七五三にぴったり!
お気に入りの背景で作るコツ

フォトブックを作るときに、困るのが背景。
オリジナリティも出したいけれど、時間をかけずに可愛く作りたい!
そんな時は、おうちにある折り紙を背景にしましょう!

お気に入りの模様を選んで、
写真に撮るだけ

おうちにある折り紙がフォトブックの背景になります!!
透き通る素材の場合は、普通紙の上に置いて、カメラで撮影をします。
お子さんと、どの背景がいい?と相談して決めるのも楽しいですね。

「透明度」を変えて背景を薄めに

フォトブックに入れると、右のような濃い色に。
これでは写真よりも背景が目立ってしまいます。
編集メニューにある「透明度」という機能を使います。
右側:透明度0% 左側:透明度70%
背景が薄いと、写真が引き立ちますので
薄めにするのがポイントです。

あとは写真を配置するだけ!

編集メニューの「画像」を選択すると、写真を新規に入れることができます。
今回は、枠を最初に作ってから、写真をドラッグアンドドロップして入れていきました。

作ったフォトブックを見て、
「あの時は〇〇だったよね」
と話が弾むように、同じページに連続した写真を入れます。
このページを見るだけで、当時の会話も思い出せそうですよね。

タイトルは「753」

文字は、和風に合う明朝体を。作るテーマによって、書体を選んでいます。
表紙写真と背景を繋ぐように、文字を真ん中に配置しました。
裏表紙は帰り道での一枚を。
表紙写真より小さめに配置をして、最終ページの雰囲気を出しました。

ビスタプリントのフォトブック

詳細はこちら今すぐ、作成する
今井 しのぶ 三重県出身、神奈川県川崎市・横浜市を中心にフォトグラファーとして
ご家族やキッズ撮影を主に活動中。
日テレ「ヒルナンデス」、TBS「あさチャン!」等にも出演。
子育てママ向けのフォトレッスンは、延べ4000名が受講。
専業主婦からフォトグラファーになった経験を活かして、
難しい言葉を使わず、子ども写真を可愛く素敵に残すコツなどを伝えている。
フォトグラファー養成スクールを開講し、子育てもフォトグラファーも
楽しみたいというママの活動もサポートしている。現在23期生が卒業。
2018年10月 神奈川県川崎市にスタジオをOPEN。
2019年6月 株式会社こどもとかめら 設立
書籍 「はじめてのママカメラ 365日の撮り方辞典」、「はじめてのクリップオンストロボ」
HP:https://www.kodomotocamera.com/

プロが教えます!
いろいろなフォトブックの作り方