入園〜卒園を1冊にまとめるコツ

入園〜卒園を1冊にまとめるコツ

春は卒入園・卒入学の季節です。
沢山の写真をいつかフォトブックにという気持ちはあるものの、なかなか手に つかないということがありますよね。
我が家も「フォトブックを注文したよ」と伝えると、高校生の娘でも「楽しみ」と喜び、届くと嬉しそうに見てくれます。
子ども達へのプレゼントとして、頑張って作ってみませんか?

まず、写真をピックアップするところから。
幼稚園の場合、学年ごとに選ぶ枚数を決めます。あまり多くなると、写真が小さくなるのでイベントの写真のみをピックアップするなどルールを決めると良いです。
幼稚園らしさが残る写真、制服、スモック姿、色帽子、体操服等の写真を選びました。

今回使ったツールは「ランダムシャッフル」ページの写真を自動的に配置してくれるという便利ツールです。
クリックするたびに配置が変わります。

配置に迷ってしまう!という方におすすめ!

ページのポイントカラーとして、今回は幼稚園の学年カラーを入れました。
図形の長方形ツールを使用しています。
年少さんはピンクバッチ、年中さんは赤バッチ、年長さんは緑バッチだったのでそれぞれの学年カラーに。

そして、バッチは図形で作りました。
「花2」と「長方形」でバッチ風に。

学年末に持って帰ってくる作品たちは、床に並べて集合写真を撮ります。
今回は表紙と見開きに使用しました。
写真がそれぞれ目立ちにくい場合は、オブジェクトの「枠線」を使って、写真に枠を付けましょう。

こちらにも学年のテーマカラーを使います。
1年ごとのフォトブックが作れていない!という方は是非、卒園・卒業という節目に作ってみてくださいね。

ビスタプリントのフォトブック

詳細はこちら今すぐ、作成する
今井 しのぶ 三重県出身、神奈川県川崎市・横浜市を中心にフォトグラファーとして
ご家族やキッズ撮影を主に活動中。
日テレ「ヒルナンデス」、TBS「あさチャン!」等にも出演。
子育てママ向けのフォトレッスンは、延べ4000名が受講。
専業主婦からフォトグラファーになった経験を活かして、
難しい言葉を使わず、子ども写真を可愛く素敵に残すコツなどを伝えている。
フォトグラファー養成スクールを開講し、子育てもフォトグラファーも
楽しみたいというママの活動もサポートしている。現在29期生が卒業。
2018年10月 神奈川県川崎市にスタジオをOPEN。
2019年6月 株式会社こどもとかめら 設立
書籍 「はじめてのママカメラ 365日の撮り方辞典」、「はじめてのクリップオンストロボ」、 2021年11月29日に発売「ステキに魅せる写真ワザ」
HP:https://www.kodomotocamera.com/

プロが教えます!
いろいろなフォトブックの作り方